アニメDVD 「ゴブリンスレイヤー」第1巻

’18年末放送の衝撃的ダークファンタジー作品。

画像



(前にも述べたけれども、)コミックと比べて随分かわいらしいキャラデザと感じつつ、内容はやはり原作通りの、コンパクトになったベルセルクと呼べそうな放送ギリギリの過激シーンの数々。特に7話の水の街編、ゴブリンチャンピオン率いる群れによる暴虐シーンは原作知っていても唖然となる凄まじさ。そこでの女神官、小倉唯の絶叫も凄まじいもの(本人もラジオで語っていたよう)。


ドラマCDからこの作品に触れてきて、キャラクターとして注目していたのはやはりw女神官。

駆け出し時の冒険者パーティがゴブリンの群れの前に全滅するところを恐怖して見ることしかできなかった初めのころから、(先述の7話もあるが)鎧騎士ゴブリンスレイヤーと共にすることで成長していき、アニメ最後のゴブリンロード戦ではサポート以上の役割を果たすまでの成長を見せてくれた。

アニメ版ではより年相応の子供っぽさが強調されるデザインで、小倉唯のヴォイスにもかなり寄った感じw

危機的状況に絶望の表情を見せたが、
一番救いのない絶望は、4話の女子への匂い消しだなwwww

画像


コミックでは小さいコマで描かれただけのこの表情、アニメでアップで映されwしかもちゃんゆいヴォイスで「慣れますよ・・・」と言われると別ベクトルで絶望www。(しかも放送での提供でもww)

(以下類似イメージw)
このしんだ眼、完全に哀しみで腐らせたリンネの眼www(@ヴィヴィスト)

画像



ついでに座敷童・二子(左 @鬼灯の冷徹)ww。

画像


・・・いや、こちらは雰囲気がどちらかというと妖精弓手に迫りくるwゴブリンスレイヤーのほうが近いようなwww



次、そんな悲惨な目に合うww妖精弓手と

画像



ことあるごとにいがみ合う鉱人道士。
さすがに念入りに血みどろになった姿には口をつむぐほかなし。

画像



種族的に仲が悪いというエルフにドワーフだけあって、些細なことで張り合っては蜥蜴人僧侶を呆れさせる。

とはいえ、さすがにともに冒険するパーティの仲間同士、なんだかんだで固い絆が感じられる。

この4話での、同族のエルフの女性がゴブリンの玩具にされたところを見て(鎧騎士の冷たい対応がさらに拍車をかけて)怒りで暴走気味な妖精弓手に落ち着くよう言葉をかけるところで特に感じさせてくれる。
この2人の関係は嫌いじゃない。

画像


最初CD版からのキャスティング聞いたときは懐疑的になったが、中村悠一の声質からか、そこまでジジイジジイしていないところもまた好印象。(キャラデザも、そういう要素をできる限り排除した絵とも感じる)
キャラとしていろいろ異なるが、ジョジョのブチャラティにも通じるものを匂わせてくれる。


"アニメDVD 「ゴブリンスレイヤー」第1巻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント