アニメツイート「理系が恋に落ちたので証明してみた。」証明1

アニメを久々にしようという作品www 山本アリフレッド原作のこの漫画は個人的にハマったものの一つ。 自身も理系出身だから数値化して安心するとかw結構あるあるww 清川元夢さんの壮大なwナレーションから始まる、理系バカップルwによる恋愛の定義を証明する画期的wwwな研究を進めていくコメディーが、まずは壁ドン実験から始まり…
コメント:0

続きを読むread more

ニール・パート

”ニール・パートさん死去 67歳 「ラッシュ」ドラマー” Yahooニュースより https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000012-asahi-musi R.I.P Neil Peart カナダを代表する最強ロック・トリオ RUSH 、そのドラマーで…
コメント:0

続きを読むread more

映画レビュー 「ロケットマン」

新年あけましたが、 喪中のため挨拶は省略させていただきます。 さて、年末年始はおもろいTVもなく(大晦日だって、SASUKEを少し見たぐらいw)、結局休みの間に消化できた円盤はw 「ROCKETMAN」 QUEEN をテーマとした「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットし、それに便乗したのか今度は…
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー トゥール(‘19)

TOOL 「Fear Inoculum」 今か今かと長く待たされ前作から13年w。 異形にして孤高のヘヴィ・ロックの巨人、TOOL がオリンピックイヤーの前にwついに新譜を発表。(もっとも海外では8月には出ていたようだが) ヘヴィ・ロックとはいえ俺みたいなひねくれものwぐらいしか手を伸ばさんようなwダークでプログレッ…
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 人間椅子 三十周年

「人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤」 前回のベスト盤が25周年(もちろん、そのベスト盤「現世は夢~」は持ってる)で、頻繁にXX周年記念盤を出している気もするしww、選曲も比較的最近の作品から揃えられており(「針の山」に「りんごの泪」、「ダイナマイト」といった定番もあるにはあるが)、「愛のニルヴァーナ」なるハイテンシ…
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 水樹奈々「CANNONBALL RUNNING」

令和初の年末を締めてくれるww最強シンガー水樹奈々、待望の13thアルバムの登場。 ヒットシングルの「NEVER SURRENDER」に「METANOIA」(アルバムではイントロが拡張された「METANOIA-Aufwachen Form-」)を収録した17曲入りで、3年待ったかいあり! 今回注目するならば、”今の水…
コメント:0

続きを読むread more

「戦姫絶唱シンフォギア XD UNLIMITED CHARACTER SONG ALBUM 02」

アニメシリーズはXVにて完結したシンフォギア、そのアプリゲームのキャラソン集第2弾。 とりあえずは購入報告。 ジャケットにはスーツ(それもどこぞのスパイとかエージェントとかに近いww)を着こなしている、シリーズを経るごとにイケメン化が極限まで達したww響に、キャロルとサンジェルマンという関わりの深い2人の錬金術師。同…
コメント:0

続きを読むread more

井上真樹夫

yahooニュースより 「声優・井上真樹夫さん死去、81歳 「ルパン三世」二代目・石川五ェ門役」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000371-oric-ent 現在の浪川大輔も決して悪くはない(昔は正直なところ、/アニメで共演していたヒロイン役の中原麻衣らと…
コメント:0

続きを読むread more

DVDレビュー 「劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES」

合間を見てのアニメ消化w 今回は、休日の晩飯時w、母親と一緒に酒のつまみとして鑑賞www ネタバレも含むので注意を。 開幕から早速ランチャーかますテロリストとのカーチェイスで始まるとか、この世界の新宿は中東情勢ばりに治安悪くね?www。 PSY'Sの「Angel Night」(TVシリーズ 第2期のO…
コメント:0

続きを読むread more

「魔法少女リリカルなのは キャラクターソング コンプリートBOX」

ショップイベントに続けての15周年アニバーサリー企画は、全キャラソンを網羅した6枚組。 現時点で新曲は未聴、とりあえずの紹介にて キャラソンが無い「なのはVivid」を除き、フーカ(CV.水瀬いのり)とリンネ(CV.小倉唯)が参戦している「Vivid Strike!」は含んだ、TV版(サウンドステージも込み)…
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー アフリカのサラリーマン

前回で小倉唯の新作を取り上げたけど、こちらのアニメでもまた違った演技で驚かせてくれたww。 (1話痴漢回でのゴリ美のぶりっ子(鏡見ろブス!)からのブチキレにはマジ笑いましたww) それはさておきww、 ライオンなどの動物たちがブラック企業wwで働く姿を毒気たっぷりwwwに描いた「アフリカのサラリーマン」。 その主題歌…
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー 小倉唯「Destiny」

有無言わさぬ現代声優のトップランナー・ちゃんゆいの最新音源は、自身が主役務める「Z/X Code Reunion」のOP。 ファンならばご存じの通り、カードゲーム原作のZ/Xは過去にも一度「Z/X IGNITION」としてアニメ化してそれなりの評価はあったが、今回は熱血?w学園物語という世界観に一新された展開で進んでいる模…
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 筋肉少女帯('19)

筋肉少女帯 「LOVE」 もう1年ごとに1枚という超ハイペースでリリースを続けるKING-SHOW というよりオーケンこと大槻ケンヂを止めることはだれにもできないww。 最新号のYG誌での橘高文彦・本城聡章の鉄壁コンビのインタビューを読むと、 橘高たち「もう次の1年ぐらい新作は出さんでいいだろ」 オーケン…
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー クレイドル・オブ・フィルス(‘19)「鬼女と野獣 -転生-」

CRADLE OF FILTH 「Cruelty And The Beast -Re-Mistressed- 」 どこもかしこも、純粋な新作よりも過去の名盤の再発またはリマスター盤といったものが流行りのような今日この頃。WHITSNAKEとかも入手していたりするけど、今回は同じ英国代表でもまた畑が異なるwwヴァン…
コメント:0

続きを読むread more

イベント 「魔法少女リリカルなのは 15th Anniversary Party」

大阪への進出、待っておりましたwww 前回のDetonationの時と同じく、あべのハルカスにて。店内は、なのは・フェイト・はやてに加えてディアーチェ・シュテル・レヴィによるアナウンスが流れ、このイベントのための等身大ポップに、過去シリーズのピンナップポスターに年表、15周年を祝うキャストたちからのメッセージ入りサイン色紙などが展…
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー リンゴ・スター(’19)

RINGO STARR 「WHAT’S MY NAME 」 現存し、更に現役で活動を続けている元THE BEATLES の2人の一角であるRingo 。そして、この新作はその元ビートルズ2人が相見えることをはじめ、Steve Lukather をレギュラーバンドのバンマスとして超豪華ゲストがオールスター出演という装い…
コメント:0

続きを読むread more

DVD 「ポプテピピック スペシャルイベント ポップキャストエピック!!」振り返り1

買いだめ状態だったwwDVDを少しずつ消化。 まずはこちらのクソアニメwwの超豪華イベント 2日分をDISC2枚に分け収録した超ヴォリューム!各日ごとにキャストも異なる 現時点では初日(DISC1)の前半しかチェック済んでないけど、上坂すみれの「POP TEAM EPIC」によるOP(少々歌声がかすれ気味だ…
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー デーモン閣下('19)

デーモン閣下  「うた髑髏(どくろ) 劇団☆新感線劇中歌集」 小野正利に続けて取り上げるもう一方のハイトーンシンガー。 最近でもスポーツ新聞の競馬宣伝欄に登場するなどww、さらに活躍の場を拡大なさるわれらが主wデーモン閣下。 閣下の最新の音楽教典wは、関わりが深い「劇団☆新感線」の演劇のために作られた楽曲を集め…
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ガルネリウス('19)

GALNERYUS 「INTO THE PURGATORY」 音楽レビューはほんと久々。 今回は、日本が誇るハイトーン・シンガーのものを続けて書いていく。 まず、クリアなハイトーンといえば一番に浮かぶこの方、SHOこと小野正利。 そのSHOが在籍する、世界的な人気を誇る現代日本最強のメタルバンド GA…
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー BABYMETAL 「METAL GALAXY」

ようやくの3rdとなる聖典wが発売!やっと記事を書くネタがww CDは8曲ずつ1枚に収録した2枚組(つまりは計16曲)。 DISC 1 は、楽曲傾向としてはこれまでのベビーメタルらしい、メタル・ダンス・チューン中心で、「Elevator Girl」に「Shanti Shanti Shanti」収録。 今作は豪華…
コメント:0

続きを読むread more