CDレビュー ブラッド・ステイン・チャイルド '18

BLOOD STAIN CHILD 「THE LEGEND」

YUZUKINGDOM 「GENESIS」

画像



まず、下のYUZUKINGDOM。
どうやらオリコン・ウィークリーでもTOP10に入るらしいw(もはやいちいちチェックする気起きない)Q'ulleとかいうので活躍する”ゆずき”なるシンガーによるプロジェクト。
バックバンドは、CD並べている通り、BLOOD STAIN CHILD(以下BSC)が全面協力(シンガーSAIKAもバックヴォーカル担当)。
Q'ulleてとこでもスクリームをかましているというシンガーみたいだが、なるほどパワフルなシャウトをかましてくれる。五人一首にセレニティ・イン・マーダー、ギャルメットにも劣らないものを持っている。クリーン歌唱は、ダンサブルなバックからか'90のTKサウンドを思わせてくれる(クリーンヴォーカルも、声質がTRFのYU-KIを彷彿させる)。バックの演奏にしても、本家BSC以上wにRYUがリードギターを弾きまくり。


そして上、その本家BSCによる再録ベスト盤。
現メンバーに加え、過去在籍していた者たちが”BSC Legacy Guest Members”として迎えられている。
迎えられなかったメンバーに着目すると、3rd「IDOLATOR」時のShiromasa(Guitar)はまぁバンドに合わなかったのだろうと思うし、5th「epsilon」のギリシャ人シンガー・SOPHIA(現SEASON OF THE GHOST)はそもそもBSCに対する愛着がないから論外か。個人的には、1st~2nd時までのシンフォ・メロ・デス期の重要人物であるDAIKI(元Guitar)はいればと思ったのだが。


まずは新曲「KAMUI-神威-」から。



現行BSCらしい、モダンでデジタルなアグレッシブナンバー。多彩な歌唱を持つSAIKAの真価が発揮する。・・・正直なところ、V系みたいな歌い方は個人的に嫌いなんだが。しかし、一発目のスクリームはダニ・フィルス(CRADLE OF FILTH)ばりのパワーだ。


そして始まる過去ナンバー。

いやはや、これが見事に料理されており、聞きごたえ抜群!

再録ベストとかに対して否定的な者もいると思うが俺もその一人。その当時しか出せない音がつぶされて失望するケースが多々あるが、ここはその心配は必要ない。
デストラクションの「スラッシュ・アンセムズ」シリーズにも劣らないだろうwww。


1st「Silence Of Northern Hell」(ちなみにプロレスにも使われた「The World」の歌付きバージョン「Infernal World」収録)の収録ナンバーは、あのシンフォニックな雰囲気が壊されずに上手にアップデートされている。ゲスト参加の初代シンガー・RYOも、器用な歌唱ではないがブランクなど皆無の強力な咆哮をかましてくれる。AKI(Synth&Programming/スタジオ作業専念により、ツアー活動から退き、写真からも外れている)によるキーボードソロもあり。聞き直すとやはりCHILDREN OF BODOMの影響の強さを感じもする。
2nd「MYSTIC YOUR HEART」のナンバーも、当時の過剰なキラキラが控えられ、もともとあったシンフォニック要素が根底にあったことが強調されるアレンジとなっている。キャッチーなタイトルチューンなんか特に最高の出来。
俺が一番好きな3rd「IDOLATOR」のナンバーもあのときの音も好きだが、再録の「Embrace Me」なんかの哀しさと激しさの対比は特にすさまじい。



キャプテン和田誠に見いだされて15年にもなるBSCも、今やワールドクラスの売れっ子。マーティ・フリードマンのようなプロからももちろん、意外なところでは長月達平(リゼロの原作者!)からもラブコールを受けるw。
大阪を中心とした関西からのバンドがここまでになると、やはりすごいなw。

"CDレビュー ブラッド・ステイン・チャイルド '18" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント