CDレビュー ガルネリウス 「ULTIMATE SACRIFICE」

J-METAL最強バンド、GALNERYUSによる最新作。

画像



前作「UNDER THE FORCE OF COURAGE」の物語は、次の世代へと受け継がれた!w

ダイジェストはこんな感じ。
勅により奴隷である前主人公は、敵国を見事に落とし、そして自国の圧制に対し反旗を翻し、多くの犠牲を払いながらも革命を成功させる。かつて敵国であった国-作中では第2国と呼ばれる-の総統として、自国-第1国-とあわせて平和な国づくりに力を尽くす。
しかし、志半ばで急死し、信頼を寄せていた部下が新たな総統となるが、その人物による政策は前主人公の遺志に完全に反する圧政であり、再び2国間での戦争へと逆戻り。
本作の主人公である、前主人公の息子は、父の信頼を裏切り、そして策略により最愛の母を惨殺されたことにより新総統への復讐のため戦火に赴く。
果たして息子の復讐劇の果てに待つものは。そして、”ULTIMATE SACRIFICE”とは。(”大いなる犠牲”と訳したほうがよいだろうか)


新ドラマーとしてFUMIYAが初参戦した本作だが、ガルネリらしさは全く損なわれない。
前作の続編なので、コンセプト重視の作品であるが、多くのファンが求める要素-小野正利のクリアなヴォーカル、SyuとYUHKIのギターvsキーボード、変拍子なども上手に織り交ぜたドラマチックな楽曲構成-は備わっている。

まだまだ続編へと続きそうな終わり方になっているけど、もういっそのことジョジョみたいに長編シリーズにしちゃえ~www

"CDレビュー ガルネリウス 「ULTIMATE SACRIFICE」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント