UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ振り返り「魔法少女特殊戦あすか」 1.あすかとくるみ 

<<   作成日時 : 2019/05/09 15:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

令和のアニメ関連は、これを振り返ります。

このアニメから原作の方もちょこちょこと集めるようにww。

振り返りはやはりメインのこの二人の紹介から


大鳥居あすか
(魔法少女ラプチャー☆あすか)

画像


小型ナイフのマジカル・カランビットを武器に、冥獣たちとの一大戦争を終結させた第一世代魔法少女「伝説の五人(マジカル・ファイブ)」のリーダーとして一般人の多くにも(通り名・コールサインだけだが)知られる魔法少女・ラプチャー。

戦争終結後は正体を隠し(変身時は隠ぺいの魔法が常時かかっており、仮に動画や写真を撮影しても、自ら正体を明かしていない限りばれない)、普通の女子高生として静かな学生生活を送る大鳥居あすか。
時期外れの転校生ということからか少々浮いた存在だったものの、クラスメイトの牧野希美と羽田紗綾子がトラブルに巻き込まれたところを助けたことをきっかけに馴染んでいく。しかし、魔法少女をやめたと言いながらも、魔法がかかわる事件に身近な人々とともに巻き込まれていく。(アニメ1話)


夢源くるみ
(魔法少女ウォーナース☆くるみ)

画像


注射器などで回復や後方支援で戦闘を支えていた「伝説の五人(マジカル・ファイブ)」の一人、戦争終結後は自衛隊所属となる。
1対1では分が悪い冥獣ハロウィン級・改との戦闘でのピンチにて再会したあすかを追うように、あすかの高校に2人目の転校生としてやってくる。(アニメ2話)


・あすかとくるみの関係

画像



あすかをただひたすら信奉し、他の人とあすかの関わりには人目はばからず舌打ちするなど典型的ヤンデレ枠なくるみさんwww(話が進むにつれエスカレート、アニメ版は原作を輪にかけてさらにww)
自覚のないハーレム主人公まっしぐらなあすかも大概だがwww。
この2人のやりとりをニヤリとみていることがほとんどだろうけどwwもう少し踏み込んでみてみる。


陰湿なんて度を大きく通り越した凄惨ないじめを受けてきたくるみを救いだし、魔法少女として共に戦おうと誘ったあすか。そんなあすかも、戦争後は逃げるような形で消えてしまう。
普通に考えれば、自分から誘っておいて自分は逃げるという勝手な相手など、願い下げだと見捨てるかはたまた恨み憎しみさえ抱いてもおかしくない。もちろん恨み言も口にはしていたが(2話)、くるみにはそうした傾向がほとんど見られない。さらに、ならば逆に自分のヒーロー像を押し付けるかといえば、そうでもない。あすかの弱さも理解し受け入れたうえで「今度こそ私を守ってください」と決して強制はしてはいない約束を交わす関係に、他ではなかなか見られないバランスの関係だと感じる。
ヤンデレっぷりが今後暴走するけどもww、自分の欲望は抑え込んで(・・・できているかは微妙だがw)対等な関係を保つくるみは、同系統のヒロインと比較してもユニークな存在。第1巻時点での逃げ腰なあすかも、後に戦う意志を取り戻していく過程には無くてはならない大切な存在。
こういう関係を描いたものって近年見ない気がする。そういう点でも独特で楽しめるものだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ振り返り「魔法少女特殊戦あすか」 1.あすかとくるみ  UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる