アニメチェック「リリース・ザ・スパイス」第8話

開始いきなり、初芽とテレジアが戦い、・・・即決着!!っておい!!?

初芽は倒したテレジアの解毒を行う。テレジアに服用されたゼリーは、自身はもちろん他大勢を巻き込む自爆テロ型のものとのこと。初芽は諦めずテレジアを説得するも聞く耳持たない。まだまだ引きずる。

一方、モモと雪、楓と五恵という4人で沖縄入り。協力関係にある組織のザ・シーサーと合流の前に、ヴァイキングの角兜を被る少女・王香と出会う。五恵にはテレジアと被って見えた。

ニライカナイ、沖縄を牛耳る悪の組織にザ・シーサーは壊滅に追い込まれ、植物学者の祖父を人質にされた王香がそちらへ。どうか救い出してほしいとザ・シーサーの老人に頼まれる。

初芽が送った水陸両用バイクでタライ船ww引っ張ってニライカナイのアジトの島へ。そこを阻むヴァイキング船。思うところのある五恵が王香の相手を引き受け、残り3人で島へ。スパイスをキメようとするも、以前の"散布"に巻き込まれての暴走事件から狼狽える。
なんとか説得しようとする五恵、それに反発して自分一人で助けるという王香。その自分を責める姿に五恵は覚悟を決めてスパイスをキメ、王香の斧をへし折り敗る。そして王香に協力して祖父を救うと約束して手を取る。

島に潜入した一行は3方(罠にハマってw)に分かれて行動。その最中、雪はスパイスの効果が弱まっていることを悟る。楓は制御室を制圧し王香の祖父を救出。そしてモモはプラントにてハブ拳法を使う首領と対峙。無数のハブに取り囲まれ苦戦するが、通信機を通して王香の協力により難を脱し、紙一重で首領を倒す。駆けつけた雪は、自分の安全を優先せず戦闘に入ったモモを引っ叩き、これ以上の極限状況ならば、たとえ師匠である雪も切り捨てると厳しく言い放つ。

ともあれ、潜入調査は完了、王香の祖父は救出、ニライカナイは壊滅で一件落着。しかし、雪とモモの関係は拗れていく雰囲気が漂っている。自身の失態を背負い込むモモ、そしてツキカゲとしての力を失いつつある雪。
その一方では、初芽の弟子らしく五恵は王香という少女を救う。同じようにテレジアも救えたならばと希望を抱く。
・・・しかし、テレジアは隙をついて逃走。

一難去ってまたとやら。

この記事へのコメント