ドリームストーリアに会う 感想

イベント終了


リオウ・フィガロの歌について。
某メタルBでは、「これが小野正利やトミー・ハート、キム・ギョンホだったら」というレビューだが、確かに声量の点はあまり高く評価はできない。今回はアコースティックライヴで、アコギのオケをバックにファルセットメインにアレンジしたバージョンだから、そこまで気にはならないけど。ただ、声域が高いところまで出るのは確かで、「Through the Fire」のラストのハイトーン(CDでのロックバージョンでは気が抜けるぐらいw弱くなるけど)は正直すごい思います。
この曲と他合わせ、全5曲。個人的には和風なメロディの「From Your Heart」が聞けたことが満足!

そして終盤語られる悲しいニュース。
綿貫正顕が参加しない諸事情と聞いてもしかしてと想像してたけど、残念ながらそのまさかが当たってしまった。

リオウ・フィガロ、ドリームストーリアを脱退。

綿貫が来ないのも、きっと人間関係の問題もあったのだろうと、断言していたわけではないがリオウの話から大体想像できる。(リオウの他、ドラムの内田も離脱表明しているよう)

リオウを擁する夢物語はこれでおしまいというと本当残念としか言えないけど、最後にドリームストーリアのリオウ・フィガロとしてこのステージに立ったのは、彼なりのけじめであり、今後のリオウ・フィガロの再スタートとして受け止めよう。
これからのリオウ・フィガロの活躍、しかと見届けていこう。


最後にサイン

画像


2ndの他、一緒に持ってきた1stにもいただきました!

この記事へのコメント