ライブ観戦~T-SQUARE

7/28 @なんばハッチ

日本最高峰のフュージョン・バンド、T-スクエアのコンサートを見てきました!

他のコンサートでもよかった、すごかったとかばかり言っている気もするがw、T-スクエアもやはりすごい!言うまでもなくメンバー全員が技巧派の演奏家であり、タイトな演奏を堪能できた。そして楽曲のなじみやすいこと。名曲「TRUTH」は当然、そのほかも曲名までは分からずともどこかで耳にしているものが多く、どれもメロディアスで飽きることが少ない。
バンドを34年(!!)も引っ張ってきたリーダー・安藤正容のギターも、心地いいサウンドを聞かせてくれ、伊東たけしの電子サックス(ウィンドシンセ)のメロディーとユニゾンし、タッピングやアームを駆使したソロを聞かせてくれた。もちろんこのバンドに欠かせない伊東たけし(一時期離れていたこともあったが)のプレイも、電子サックス、生サックス、フルートといろいろ吹きわけてメインのメロディーを奏でていた。河野啓三のキーボードも、電子サックスの速弾き(吹き?)パートを伊東の代わりに弾いたりと活躍。地元が大阪という若手ドラマーの坂東慧もとてもタイトでテクニカル、ソロタイムも設けて田中晋吾(ベース、たぶんツアーメンバー)と熱いプレイをかましてくれた。タム6個でやる気も十分(安藤いわく、タムの数=やる気度とのこと)ww!

F-1のテーマソングである「TRUTH」も分からないという世代も出てきて少し悲しい思いもするけど、会場は幅広い年齢層だったし、まだまだ大丈夫だろうw。来年でなんと35周年!!また行きたいな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック