テーマ:メタル

CDレビュー リキッド・テンション・エクスペリメント3

「LIQUID TENSION EXPERIMENT 3」 実に22年ぶり。問答無用のプログレッシブ・メタルの帝王DREAM THEATER (以下 DT)のサイドプロジェクトとして始まり、そして現在のDTにも大きなフィードバックをなし遂げた伝説の超絶カルテットが復活! Liquid Tension Experime…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD購入 カンニバル・コープス('21)

CANNIBAL CORPSE 「VIOLENCE UNIMAGINED」 久々のCD購入は、説明不要のデス・メタルの帝王の新作。 ここ数作は、初期と比べてジャケットがグロテスクさがだいぶおとなしくなったなぁwwなんて思っていて、今作も(まぁグロいといえばグロイけれど)・・・と思いきやこれ規制対策済みの編集版とのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTube BODOM AFTER MIDNIGHT

BODOM AFTER MIDNIGHT - Paint The Sky With Blood (Official Video) | Napalm Records Wild Child こと 、21世紀最高のギターヒーロー・Alexi Laiho 。CHILDREN OF BODOM崩壊後の新たなる新天地、・・・そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー Damian Hamada's Creatures 「旧約魔界聖書 第Ⅱ章」

先月の第Ⅰ章の記事内での宣言通りww、即入手だ。 前作もリードトラックの「Babel」をはじめドラマティックなメタルの良曲ぞろいだった(特に陛下が過去頻繁に取り上げているw照魔鏡のシリーズwの最新作である「三枚の照魔鏡」もお気に入り。)が、今回もまた素晴らしい・・・だろうw(未聴ww) 今回の先行トラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー Damian Hamada's Creatures 「旧約魔界聖書 第Ⅰ章」

WANDS第5期やAC/DC、SODOMとか書きたいものがないこともないけれど、どうにも書く気が起きないこの頃www。 そんなコロナの中でwww、これだけは書いておきたいと思いww久方ぶりに挙げます。 地獄の大魔王・ダミアン浜田陛下、地上に再降臨!! 最初に知ったのは、YG誌で聖飢魔Ⅱが特集されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー BABYMETAL 「LEGEND - METAL GALAXY」

「LEGEND METAL GALAXY (METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW)」 映像と音源、2つのフォーマットでライブ盤が出るのは「LIVE AT WEMBLEY」('16)以来。それも、今回のCDは2日分の公演を1日1枚に分けて収録する大ヴォリューム。(ウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD 「BABYMETAL LIVE AT THE FORUM」

広島公演の「LEGEND S」('18)から1年半程度経っての最新映像盤は、ロサンゼルスのこれまた大舞台 THE FORUM での北米公演。LEGEND SがYUI METAL の離脱(この時点では休養による一時的なものだが、結局は完全に脱退)で少々中途半端に終わった感が強かったが(神バンドの小神様=藤岡幹大の最後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー オジー・オズボーン('20)

メタルの帝王 OZZY OSBOURNE 、待望の新作。 「ORDINARY MAN」 "MADMAN" の名にふさわしい男がいまさら"ORDINARY MAN(普通の男)" とはこれ如何に。 ・・・もしかすると、これは改めて世に出される「NO MORE TEARS」なのかもしれない。'91 に引退宣言とともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー サンズ・オブ・アポロ「M・M・X・X」

スーパー技巧派集団による、新年早々の2nd タイトルがズバリ、ギリシャ数字で「2020」。 そのタイトルしかり、ジャケットの雰囲気しかりで、(Neil Peart の訃報からまだ経ってないし・・・)RUSH の作品(それも後半以降、特に最終の「CLOCKWORK ANGELS」なんかは色合いも/赤と紫で色は違うけど)に通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー クレイドル・オブ・フィルス(‘19)「鬼女と野獣 -転生-」

CRADLE OF FILTH 「Cruelty And The Beast -Re-Mistressed- 」 どこもかしこも、純粋な新作よりも過去の名盤の再発またはリマスター盤といったものが流行りのような今日この頃。WHITSNAKEとかも入手していたりするけど、今回は同じ英国代表でもまた畑が異なるwwヴァン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー デーモン閣下('19)

デーモン閣下  「うた髑髏(どくろ) 劇団☆新感線劇中歌集」 小野正利に続けて取り上げるもう一方のハイトーンシンガー。 最近でもスポーツ新聞の競馬宣伝欄に登場するなどww、さらに活躍の場を拡大なさるわれらが主wデーモン閣下。 閣下の最新の音楽教典wは、関わりが深い「劇団☆新感線」の演劇のために作られた楽曲を集め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー BABYMETAL 「METAL GALAXY」

ようやくの3rdとなる聖典wが発売!やっと記事を書くネタがww CDは8曲ずつ1枚に収録した2枚組(つまりは計16曲)。 DISC 1 は、楽曲傾向としてはこれまでのベビーメタルらしい、メタル・ダンス・チューン中心で、「Elevator Girl」に「Shanti Shanti Shanti」収録。 今作は豪華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー エクリブリウム('19)

EQUILIBRIUM 「RENEGADES」 とりあえずの生存確認がてらwのレビューをば '05の「Turis Fratyr」(神々の紋章)でのデビューから注目し、'08の「Sagas」では過去の記事にて-特にインスト大作「Mana」をピックアップして-注目し、現在までちょこちょことチェックしている独産メタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー THE MAN

THE MAN  「ULTIMATE FORMATION」 日本屈指の強力なメンツによるカヴァーライブの音源化! 名手・柴田直人を中心としたTHE MAN、というよいりアンセムの別名バンドじゃんww。(ANTHEMの文字を並べ替える、というかTから読むと・・あー納得w)森川・清水・田丸という気心知れたアンセムメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ブラッド・ステイン・チャイルド('19)

BLOOD STAIN CHILD 「AMATERAS」 シンフォニック・メロディック・デス・メタルに始まり、現在はEDM / トランス・メタルをベースとし、女性ヴォーカルにV系歌唱w、ジブリ・トリビュートから果てはPCゲームにまで勢力を拡大し、世界有数のトップバンドとなった我が国が誇るBSCの最新盤。 初期から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ザック・ワイルド('19)

BLACK LABEL SOCIETY 「SONIC BREW -20th Anniversary Blend- 5.99 - 5.19 」 暴拳王 Zakk Wylde 率いるメタル界のヘルズ・エンゼルスww、ブラック・レーベル・ソサイアティ(BLS)による、デビュー20周年記念の再録盤。 もはや記念といえば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー 復活!ポゼスト('19)

デス・メタルの礎を築いた伝説のバンドがよみがえる。 「REVELATIONS OF OBLIVION」 年齢的にリアルタイムで知るわけなくww、デス・メタルを聞くうちにさかのぼっていき辿り着く。 最初に名前を知ったのはメタル系のラジオから(MASA ITOのやつだったけか、詳しく覚えてないがw)。 P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー アンセム(’19)

ジャパニーズ・ヘヴィメタルの重鎮ANTHEM 「NUCLEUS」 現在の編成による再録アルバムにして、現代欧州代表メタルレーベルのwニュークリアブラスト他より、世界進出を果たす勝負作! アンセムで再録というと、グラハム・ボネットを迎えた企画作「HEAVY METAL ANTHEM」('00)を思い出させる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ファルージャ

現在注目しているメタルバンドですww。 FALLUJAH 右: 最新作「UNDYING LIGHT」 左: 前作「DREAMLESS」 テクニカル・プログレッシブ・デス・メタルと聞いてしまえばとりあえず一回は聞かざるを得ない禁断症状な自分が情けなくもあるがww、このバンドは久々の大当たり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ティム・リッパー・オーウェンズ('19)

Tim "Ripper" Owens ロブ・ハルフォードの後任として、かのJUDAS PRIESTに(ロブと比べて)短期だが在籍、2作品を残して脱退後はICED EARTHやイングヴェイ・マルムスティーンなどなど引く手数多に活動を続けるメタルシンガー。 モダンでダークなサウンドが跋扈する時代だったためwコアなファンから不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー イン・フレイムス('19)

春が訪れる前までにw エクストリーム・メタルのトップ3が相次いでの新譜発表。 先に取り上げたソイルワーク。この後に取り上げる予定wのチルドレン・オブ・ボドム。 そして今回はこちらを取り上げます。 IN FLAMES 「I,THE MASK」 創設者イエスパーが離脱し、脱メロディック・デスしてからの通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー チルドレン・オブ・ボドム('19)

CHILDREN OF BODOM 「HEXED」 ソイルワーク、イン・フレイムスと続くw3大エクストリーム・メタルバンドww、アレキシ・ライホ率いるチルドレン・オブ・ボドム。 傑作「HATE CREW DEATHROLL」からこれまで通りのモダン・ヘヴィメタルの路線は変わらず。むしろ、楽曲にHATEの頃の雰囲気が蘇った感もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー キング・ダイアモンド ライブDVD

KING DIAMOND 「SONGS FOR THE DEAD LIVE」 カルトなメタルファンにも人気、というより日本においてあまりに認知が低すぎるメタルバンドの代名詞wとも呼べるマーシフル・フェイト MERCYFUL FATE およびそのシンガーによる別働バンド的存在の当キング・ダイアモンド。メタリカをはじめ多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ドリーム・シアター('19)

DREAM THEATER 「DISTANCE OVER TIME」 プログレッシブ・メタルの帝王ドリーム・シアター(以下DT)による待望の新作。早い段階でYouTubeのオススメwにも表示されていて期待していた。 前作「THE ASTONISHING」がコンセプトに基づいた大作だったという反動か?、今作は比較的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー セックス・マシンガンズ「IRON SOUL」

私生活バタバタでwww、なかなか更新するタイミングが。 アイテムもたまる一方www。 とりあえず時間出来たからwこちらを排出ww SEX MACHINEGUNS 「IRON SOUL」 デビューから変わらずコミカルで爆笑な歌詞を硬派なスラッシュ・メタルに乗せるスタイルは何も変わらず、活動休止もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ソイルワーク('19)

'19最初に取り上げるメタルCDは SOILWORK 「VERKLIGHETEN」 邦題通り「現実」を意味するスウェーデン語をタイトルに掲げた待望の新作。 しかし、ドイツ語にも近い響きの言葉って日本人好きだよなwww。 知られている通りグッド・ニュースとバッド・ニュースにはバンドもファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more