テーマ:ロック

浅野孝已

ゴダイゴ・浅野孝已さん死去、68歳 9日にFBでコロナ終息願う投稿 https://news.yahoo.co.jp/articles/3de0abf63b19897bed2f920c7b532deda488af09 ゴダイゴといえばガンダーラでありモンキーマジック、そしてタケカワユキヒデだというイメージが大きくて、ゴダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラフトワーク

CNNニュースより 「フローリアン・シュナイダーさん死去、73歳 クラフトワーク共同創設者」 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35153397.html Rest In Peace テクノ・ポップの先駆者であり、一部ではプログレにも分類される音楽集団 Kraftwerk 。 ぶっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INABA/SALAS 「Maximum Huavo」

緊急事態宣言下でほとんどの贅沢品のお店は閉まっているので、CD漁りもできないこの頃。頑張ってコロナ対策を立てながら営業している某中古品店に久々足を運んで入手(というか、これが当初の目的) 前作がブタさんでww、今作はニワトリさんかよwww。 もちろん、限定盤のライブDVD付きで。 B'z もB'z でライブBl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDレビュー 大滝詠一「Happy Ending」

あの「幸せな結末」から25年程の時をおいて、この曲が(それもAlbum Versionで)収録された新作が出ると思いもしませんでした。 かの名曲がシングル(それもまだ8cmのやつだ)で発売された'97 、まだ小学生時分でMステをはじめ当時ゴールデンの時間帯に放送されていた歌の大辞10(テン)(書いていて何とも懐かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Blu-ray B'z 「B'z LIVE GYM 2019 Whole Lotta NEW LOVE」

やはりB'zに戻ってきたw 最新ALの「NEW LOVE」中心の新曲メインのセットリスト。そこに定番「ultra soul」に「裸足の女神」「さまよえる蒼い弾丸」といった名曲も。 相変わらず稲葉くんのヴォーカルは衰え知らずだし、松本くんも唯一無二の丁寧なギターメロディを披露。 注目は、一新されたサポートバンド。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ブラック・スワン

BLACK SWAN 「Shake The World」 タイトル・チューンのMV 鳥の目が燃えてるっつぅマンガみたいなwwCDジャケットもシャレているが、Robin McAauley , Reb Beach , Jeff Pilson ,そして Matt Starr なんていうこのメンツの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 仮バンド 2nd

その名もズバリ、「二枚目」! 6弦ベースの名手BOH と凄腕ドラマーの前田遊野、・・・そして今は亡き藤岡幹大 。かの神バンドをもじったw(事実関わりがあるし)スーパーバンドが、2nd音源発表。 小神・藤岡師匠の跡を継げる人物といえば、YG誌でもデモンストレーターとして活躍している岡聡志 をおいてほかにいまい。大方の予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー トニー・ハーネル(ラヴキラーズ)

LOVEKILLERS feat. TONY HARNELL 前回のSONS OF APOLLOと一緒に軽い気持ちでww入手してましたが、あまりによかったのでww急遽でレビュー追加しちゃいます。 前は散々に酷評させてもらいましたが、今回は打って変わって大絶賛ですwwww。 現代のメロハー職人wwとして大活躍のA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニール・パート

”ニール・パートさん死去 67歳 「ラッシュ」ドラマー” Yahooニュースより https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000012-asahi-musi R.I.P Neil Peart カナダを代表する最強ロック・トリオ RUSH 、そのドラマーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画レビュー 「ロケットマン」

新年あけましたが、 喪中のため挨拶は省略させていただきます。 さて、年末年始はおもろいTVもなく(大晦日だって、SASUKEを少し見たぐらいw)、結局休みの間に消化できた円盤はw 「ROCKETMAN」 QUEEN をテーマとした「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットし、それに便乗したのか今度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー トゥール(‘19)

TOOL 「Fear Inoculum」 今か今かと長く待たされ前作から13年w。 異形にして孤高のヘヴィ・ロックの巨人、TOOL がオリンピックイヤーの前にwついに新譜を発表。(もっとも海外では8月には出ていたようだが) ヘヴィ・ロックとはいえ俺みたいなひねくれものwぐらいしか手を伸ばさんようなwダークでプログレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 人間椅子 三十周年

「人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤」 前回のベスト盤が25周年(もちろん、そのベスト盤「現世は夢~」は持ってる)で、頻繁にXX周年記念盤を出している気もするしww、選曲も比較的最近の作品から揃えられており(「針の山」に「りんごの泪」、「ダイナマイト」といった定番もあるにはあるが)、「愛のニルヴァーナ」なるハイテンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 水樹奈々「CANNONBALL RUNNING」

令和初の年末を締めてくれるww最強シンガー水樹奈々、待望の13thアルバムの登場。 ヒットシングルの「NEVER SURRENDER」に「METANOIA」(アルバムではイントロが拡張された「METANOIA-Aufwachen Form-」)を収録した17曲入りで、3年待ったかいあり! 今回注目するならば、”今の水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー 小倉唯「Destiny」

有無言わさぬ現代声優のトップランナー・ちゃんゆいの最新音源は、自身が主役務める「Z/X Code Reunion」のOP。 ファンならばご存じの通り、カードゲーム原作のZ/Xは過去にも一度「Z/X IGNITION」としてアニメ化してそれなりの評価はあったが、今回は熱血?w学園物語という世界観に一新された展開で進んでいる模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー 筋肉少女帯('19)

筋肉少女帯 「LOVE」 もう1年ごとに1枚という超ハイペースでリリースを続けるKING-SHOW というよりオーケンこと大槻ケンヂを止めることはだれにもできないww。 最新号のYG誌での橘高文彦・本城聡章の鉄壁コンビのインタビューを読むと、 橘高たち「もう次の1年ぐらい新作は出さんでいいだろ」 オーケン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックレビュー リンゴ・スター(’19)

RINGO STARR 「WHAT’S MY NAME 」 現存し、更に現役で活動を続けている元THE BEATLES の2人の一角であるRingo 。そして、この新作はその元ビートルズ2人が相見えることをはじめ、Steve Lukather をレギュラーバンドのバンマスとして超豪華ゲストがオールスター出演という装い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー デーモン閣下('19)

デーモン閣下  「うた髑髏(どくろ) 劇団☆新感線劇中歌集」 小野正利に続けて取り上げるもう一方のハイトーンシンガー。 最近でもスポーツ新聞の競馬宣伝欄に登場するなどww、さらに活躍の場を拡大なさるわれらが主wデーモン閣下。 閣下の最新の音楽教典wは、関わりが深い「劇団☆新感線」の演劇のために作られた楽曲を集め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンジャー・ベイカー

危篤状態に陥ったというニュース(9/25)を聞いて、そう遠くないうちだと感じていたが、ついに・・・か https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000270-spnannex-ent Ginger Baker (Peter Edward Baker) '19/1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVDレビュー 「T.M.Revolution / X0X0 -T.M.R. LIVE REVOLUTION '1…

レビューしたいと思える新譜が不足!ww そこで、前々からゲット狙っていたwライブ映像を入手っと。 スカパーで放送されていたのを見て、お皿出ているならば是非とも欲しかったやつだ。 T.M.R 20周年記念ということで、このコンサートもまたスペシャルな様相。 なんたって開始早々で「Preserved …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー 水樹奈々 「METANOIA」

もはや”声優界”なんて枕詞は不要!(まだつけてもいいと思えるのは、ほぼ準”相方”とも呼べるw日笠陽子と”後継者”w水瀬いのりぐらいだろう) 現日本音楽シーン屈指のシンガー・水樹奈々の待望の最新シングル発布! ついにシリーズ最終章へと突入した「戦姫絶唱シンフォギア XV」のOPを飾るウルトラへヴィナンバーの表題曲。(上松氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンチェルト・ムーンに会う +CDレビュー 「ウロボロス」

CONCERTO MOON 「OUROBOROS」 若きシンガーとキーボードを新たに加え(しかも俺より年下だよwww)、過去の作品の楽曲を再録した企画ベスト。(また再録かと辟易しないでもないがw)新たな命が楽曲に加えられた・・・というとありきたりになってしまうが、そう呼んでも大げさでもなかろうて。もはやバンドメンバーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレ・マトス

元VIPER、そしてANGRAにSHAMANと活躍してきたブラジル最高のメタル・シンガー、André Matos。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000088-bark-musi 2019/6/8、心臓発作により逝去。享年わずか47歳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プリンセス・コネクト!Re:Dive」 オリジナル・サウンドトラック

Cygames配信、豪華(女性)声優勢ぞろいwwにほとんどアニメそのものという質と量のストーリームービー満載の大人気アプリゲームのBGM集。 2枚組の63曲。 音楽フリークの視点から見ると、数曲で名の知れる実力者の参戦に目が行く。シオリとハツネの姉妹のイベントストーリーには渡辺チェル(現PRISM、ポケモンの楽曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタルレビュー ホワイトスネイク('19)

WHITESNAKE 「FLESH & BLOOD」 ジャケットの紋章がかつての名作を彷彿・・・というか「RESTLESS HEART」('97発表作)以来の使いまわし?w。 内容は比較するならば、この紋章のやつよりも「SLIDE IT IN」('84)が近い感じがする、アメリカ進出後のアリーナロック路線。Reb B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Blu-rayレビュー 「ボヘミアン・ラプソディ」

令和の一発目ww 購入からだいぶ経ったけどww、これを取り上げる 映画感想で細かく書いたから繰り返さないが、やはり家で見ても素晴らしい。QUEENファンの母にとっても新たな宝物の一つとなりました。 映像特典には、LIVE AIDパートのディレクターズカット版!上映(本編)では尺の都合でカットされているが、あの伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギターCDレビュー イングヴェイ・マルムスティーン('19)

YNGWIE MALMSTEEN 「BLUE LIGHTNING」 ギターの王者、かの「ポプテピピック」でもアドリブの叫びでネタにされるほどのwww地位を誇るwwww 我らがイングヴェイの新作。 前作から2年というと、いつものイングヴェイの製作ペースといってよい。これまでの様式美”バロック&ロール”の垂れ流しw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー 水瀬いのり('19)

はいはいww、今年も性懲りもせずwww、いのりんを応援してますよ~~だwwww。 「Wonder Caravan!」 えんどろ~!のED主題歌であるこのシングル、オリコンでも7位と過去最高を記録。これをすぐ入手しようにも、発売日から3日ほどはどこも売り切れ状態!翌週にやっとゲットできたほどだ。売れることはファンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニソンレビュー 「魔法少女特殊戦あすか」

しんどいからww現在は放送中の感想ツイートはしていないが、 現在のチェックアニメのひとつが 「魔法少女特殊戦あすか」 また魔法少女ものかと辟易しないでもなかったが、見てみたらジョジョとブギーポップとならんで絶賛wチェック中。 原作コミックが書店で並んだころから頭の片隅にはおいていたけど、申し訳なかったが、クセの強い絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサート鑑賞! 織田哲郎 at Billboard Live

家族3人でビルボード! ・・・あくる日は仕事だっていうのにw、 しかし、この人はぜひとも見ておきたかった。 '90年代、自身のソロ活動はもちろん(一時期はDON'T LOOK BACKなるバンドで活動したことも)、今亡きZARDをはじめ、WANDSにDEENに相川七瀬などなど、あの時代を代表する多くのミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more