ロックCDレビュー アースシェイカー('18)

EARTHSHAKER(35th) 「THE STORY GOES ON」

画像



カッコ書きの通り、35周年の大ベテラン!
元メンバーの二井原実を擁するLOUDNESSのようなワールドワイド活動はないけども、やはりJ-ハードロックの頂きにいる巨頭の一角、貫録のサウンドを聞かせてくれる。

アニバーサリーを祝ってかw、名キーボーディストの永川”TOSHI”敏郎(シェラザード)が参加したことでとても空間の広がりを感じるサウンドとなっている。ところによりキーボードソロまであったり、雰囲気的にシェラザードやノヴェラを感じさせたりする楽曲も。俺が初めてこのバンドを聞いたのがTOSHIを含む5人編成時でレコーディングしたベスト盤だったからかなり好きなサウンドになってるよww。もちろん楽曲はアースシェイカーらしい歌謡曲チックでキャッチーなメロディに西田”MARCY”昌史の唯一無二の歌唱、石原”SHARA”愼一郎の泣きのギターメロディ、日本で最もコージー・パウエルしているw工藤”KUDO”義弘のズシンと響くドラムは不変。

"ロックCDレビュー アースシェイカー('18)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント