CDレビュー 水樹奈々「WONDER QUEST EP」+α

この9月はKING SUPER LIVE、そして来る10月はNANOHA Detonation公開に合わせて主題歌も発表するなど、相変わらずの活躍を見せてくれる水樹奈々。

それに先駆けた、4曲入りEP

画像


MVも期間限定公開中のリードトラックM1「WHAT YOU WANT」は、シンフォニックなイントロからインダストリアル調のエフェクトかかったヴォーカル・掛け声にへヴィなギターが絡む疾走型のハードなロックナンバーで、間違いなくライブ向け。
先のSUPER LIVEでも披露されたM2「結界」は、宮野真守とのデュエットソング、お琴が爪弾かれる和風テイストのこれまた疾走するロックナンバー。
M3「Birth of Legend」は、笛やアコギの音から牧歌テイストが強いナンバー(もっというと、ALにも声優として参加経験があるポルノグラフィティの「オー!リバル」とかに近いと思う)。
M4「Hungry Hungry」は、今や水樹奈々とイコールになるぐらいwイメージキャラが定着したなか卯のCMソングで、T・M・R路線wのピコピコなデジタルロック。


そうそう、KING SUPER LIVE2018についてだが、朝ニュースの某ZIPにて特集され、奈々様と宮野がインタビューを受け答えしていたっけ。ダイジェスト見ただけでもその豪華さや熱狂が伝わる。若手から大御所だけでなく、Pritsといった伝説のユニットが限定復活するなど、うらやましいわ~ww。(なおPritsには、もちろん水樹奈々が参加)
個人的にダイジェストで印象が残ったのは、ラストに出演者全員による「残酷な天使のテーゼ」なのだが、マイクの音響のレベルによるのか、またはマイク回す順番でもう一方があまり声量ない人(ゴメンw)だったか、いずれにせよ
明らかに水瀬いのりのヴォーカルが大きくそしてクリアで目立っていた。

あのシーンだけで見るならば、水瀬いのりはだいぶ憧れの水樹奈々の地位まで迫ってきたのではwと匂わせてくれる。もちろんまだまだ表現力とかは及ばないだろうけども、少なくとも声量に至っては見劣りしないはず。

画像


キャロル(シンフォギアGX)での衝撃歌唱wを経て、大きな成長を見せるいのりん。
これはうかうかしてられないぞ奈々様ww。

画像

"CDレビュー 水樹奈々「WONDER QUEST EP」+α" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント