「世界の果てまでイッテQ」のBGMを聴いてw ラスト・トライブ

行ってQのお祭り男、今日(5月29日)も楽しませてもらった。宮川には、散々なボクシング企画で大変な目にあわされたけどww。
今回のBGM、ロッキーのテーマ(サバイバーのバーニング・ハート)はお約束ではあるが、案内人登場のシーンにてバックで流れたやつ!僅か数秒だけだが、俺の耳はすぐ惹きつけられた。
こんなイントロクイズはすぐわかるww。答えはコレ!

画像


LAST TRIBE 「WITCH DANCE」

以前紹介したマグナス・カールソン率いたラスト・トライブの2nd、そのタイトルナンバーだ。
2002年発表のこの作品は、俺がメタルの名盤だと推したひとつだ。ここから曲を使用するとは、行ってQスタッフはわかっているww。
この印象的なキーボードが絡むイントロのタイトルナンバーをはじめ、全編高品質なメロディック・メタルが並んでいる。当時からギターヒーローの1人と数えられたマグナスのテクニカル・ギターも満載。後々までマグナスを支えるハイメ・サラザール(Dr)に、現メシュガーのディック・ロウグレン(Ba)のリズム隊も、プログレッシブな楽曲で安定したプレイをしている。そしてシンガーは、プロデューサーで知られるリカルド・ベンソーン。決してハイトーンを出すシンガーではないが、その中音域で適度なザラつきを持つ歌声は、楽曲をうまく彩る。

あのイントロ聴いて、久々に引っ張り出してしまったww。またこんなセンスある選曲を聴けたらなww。

"「世界の果てまでイッテQ」のBGMを聴いてw ラスト・トライブ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント