YouTube BODOM AFTER MIDNIGHT

BODOM AFTER MIDNIGHT - Paint The Sky With Blood (Official Video) | Napalm Records




Wild Child こと 、21世紀最高のギターヒーロー・Alexi Laiho 。CHILDREN OF BODOM崩壊後の新たなる新天地、・・・そして最後の演奏。
このクオリティの高さ、ほんとにAlexiがもうこの世にいないということが悔やまれて仕方ない。


"BODOM AFTER MIDNIGHT"というとそもそもは3rd「FOLLOW THE REAPER」収録の同名曲、毎作品に最低1曲はあったLake Bodom殺人事件をテーマとした作品ラインナップのひとつであり、ライブでも定番の1曲のこと。

その名前を掲げたからなのかはもはや知りようもないが、この新曲の第一印象は原点回帰。前記の3rdはもとより、傑作2nd「HATEBREEDER」あたりまでの様式美ブラックメタルと宣伝されていたころの冷たい空気を感じさせる音と曲構成で、ターニングポイントの4th「HATE CREW DEATHROLL」以降のモダン・メタルとは明らかに異なっている。ブラストビートの入れ方も1stや2ndのそれに近い。

そしてCOBとの一番の違いは、ツインリードギターwww。Alexi追悼のSINERGY特集での繰り返しだが、JanneとのキーボードとAlexiのギターの対決こそがCOBの醍醐味であり、SINERGYでの相方Roopeを迎えてもそうしたツインリードギターは終ぞなかった。

しかし!ここではツインリード、というかDaniel のギターソロにスポットが!!彼がギターソロを弾くなんてCOBでは記憶ないし(ライブでAlexiが吠えているバックのメロディは弾いてはいるけれど)、かつて在籍していたNAILDOWNやNORTHER以来かもだ。
そう書くと、初期COBの路線であり、(かつて記事に取り上げて楽曲構成をこき下ろしまくったww)NAILDOWNが正統進化した形との合体といえるのでは。これでようやくDaniel Freybergもちゃんとした評価がされる、そのはずの新曲だろうに・・・。


"FIGHT!FIGHT!!"の掛け声がきっとライブでは大合唱となるところであろうが、Alexiが煽ってくれることがありえないのが本当に残念だ。

遺作となる円盤も購入リスト入りだ。

この記事へのコメント