森山周一郎

俳優・声優の森山周一郎さん、肺炎で死去 86歳 『紅の豚』ポルコ・ロッソ役


https://news.yahoo.co.jp/articles/abccea5d10cfd5c04322f5e2ebca0d1777f9ced7


森山さんと聞けば、自分でもやはり いの一番に紅の豚が浮かぶ。のだが、正直白状しますと、この作品をしっかりと頭からすべてを鑑賞したことが一度もない・・・大体は中盤から終盤の空戦ドッグファイトからの海上殴り合い祭り・・・あたりばかり見てる気がします。
それでもあの名台詞「飛ばねぇ豚はただのブタだ」などでの低音ヴォイスが実に魅力的で、たいていはこのセリフと森山さんの顔出し出演の挨拶の印象ぐらいしか残ってなかったりします。経歴を見てみると実に63年多くの足跡を残してくれた名俳優であるということが、三十路の若造でも思い知らせてくれます。
(ドラえもん映画「ブリキの迷宮」のラスボス・ナポちゃん皇帝も森山さんだったのね。あの低音でい~と~マキマキ、トントントン♪、あれも好きだったなぁ)
紅の豚のキャッチコピーである”カッコイイとはこういうことさ”というのを真に体現できる人は、この人ぐらいではないでしょうか。声優がどうとかもてはやされているけれど、所詮は役者のいちサブジャンルでしかなく、森山さんのような”真の役者”は舞台だろうがドラマだろうがアニメだろうが洋画吹き替えだろうが、その一挙一動の瞬間で格の違いが判る。故・野沢那智を新人だと言い切る誇り高さも驚嘆ものだが十分納得だ。

偉大な名俳優のご冥福を心よりお祈りいたします。

この記事へのコメント