ロックレビュー 仮バンド 2nd

その名もズバリ、「二枚目」!

054DC7BE-1689-4EC4-A4DD-CC811AC97B6B.jpeg

6弦ベースの名手BOH と凄腕ドラマーの前田遊野、・・・そして今は亡き藤岡幹大 。かの神バンドをもじったw(事実関わりがあるし)スーパーバンドが、2nd音源発表。

小神・藤岡師匠の跡を継げる人物といえば、YG誌でもデモンストレーターとして活躍している岡聡志 をおいてほかにいまい。大方の予想通りだろうし、この人選ならばファンも異論をはさむことなどあるまいて。
同じ藤岡師匠の門下の中でも、大村孝佳やDURAN (内藤晴久。Trick Box でも恩師とジャム参加。現在はB'z 稲葉くんらのサポートなどで活躍)ともまた違う、藤岡テイストを完全に自身の血肉にまでしたその演奏。トレモロアームをほぼず~っと持ちっぱなしでメロディ(もちろんシュレッドプレイも含め)を弾くJeff Beck 寄りの師匠に比べるとそうした変態度は薄いけれど、音の使い方は間違いなく藤岡先生のそれ。真似ではなく”継承”、前田らが認めた通りのプレイがここでは聞ける。恩師藤岡への最高の餞であろう。

岡くんのほか、ISAO とヴァイオリンの星野沙織の2人(この2人のユニット・soLi も同時入手済み。気が向けばwwまた取り上げます)がゲスト参加。
全6曲、時間にして30分ちょい。字面では物足りなさも感じるかもだが、聞けば1stと同等以上の密度を誇る。

最後のシメ「I See You」では敢えてギターを入れない、藤岡幹大のためのスペースを取っておくという泣かせも。


リードトラック「侍Groove」MV



岡くんに平賀優介という同門のギターバトルをはじめ、BOH のベースソロ・前田のドラムソロありと、仮BAND に求めるものがすべてここにある。
1stでは忍者で、今回は侍。藤岡先生のひねくれたwwプレイはまさに忍者だったなぁw。そう考えるとタイトル的にも岡・平賀のストレートさが出ているようなw。残念ながら現在の仮BAND は実質BOH・前田 だけだから、岡たちにスポットが(ソロタイムの手元アップぐらいで)あまり多くないのが少し残念か。

この記事へのコメント