ニール・パート

”ニール・パートさん死去 67歳 「ラッシュ」ドラマー”

Yahooニュースより

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000012-asahi-musi


R.I.P Neil Peart


カナダを代表する最強ロック・トリオ RUSH 、そのドラマーであり作詞家としてバンドをけん引していたNeil 。
ドラマーとしてのスタイル・テクニックはいわずもがな、KING CRIMSON におけるPete Sinfield のような(もっともPeteは演奏家ではないけれど)詩人としての印象のほうが強いと感じる。個人的にRUSHにはとてもハマリましたとは決して言えないし、初期作品での(「夜間飛行 Fly By Night」みたいな美麗なジャケットは好きだが)Geddy Lee のクセの強い高音ヴォーカルが(聞きはじめのころに限って)少し苦手で、さらにプログレッシブ・ロックの中でもまた特異な音楽だから入り込むには時間がかかった。(だからイマイチ日本でのRUSHの評価が振るわないのだろう)
バンドの言わずと知れた名スタジオ盤(各名前は省略します)やライブ盤「Exit ... Stage Left」あたりを契機に、90年代の作品の「Test For Echo」とか2000年以降の「Snakes & Arrows」、事実上スタジオ最終作となった「Clockwork Angels」などを収集してきた(特に「Clockwork Angels」なんかはジャケットも作品コンセプトも、そしてGeddyのヴォーカルも滑らかで聞きやすくなっており、お気に入りだった)。今夜また引っ張り出すとしよう。

ご冥福をお祈りいたします。



この記事へのコメント