アニメ振り返り「魔法少女特殊戦あすか」ちさと

アビゲイル = 高垣彩陽を取り上げれば、次はこちらのおめでたの人をw

一応は別記事でお祝いはしましたが、改めてここでもキャラと一緒に


まずはキャラクター


snapshot20190908215851.jpg


与那嶺ちさと
(魔法少女 ウィップラッシュ☆ちさと)


沖縄に住むごく普通の女子高生だったが、母親の命と自身の片足を奪われる交通事故から家庭が崩壊し、飲んだくれの親父から暴行を受け殺される寸前をバベル旅団幹部・ギースに救われ、魔法少女としてスカウト。義足を与えられ、ギースによる訓練により魔法少女としての才覚を発揮し、沖縄基地襲撃に加わることになる。


”ウィップラッシュ”の名の通り鞭を武器に・・・と思わせ、
実際は鞭のようにしなる蹴り技を持つ、実戦向け空手の達人。

snapshot20190908215947.jpg

その実力は、-あまり身体的に適性が高くはないであろうが-自衛隊仕込みの軍隊格闘術などをかじる以上は使えるウォーナースを圧倒するほど。

しかし最後はウォーナースの土壇場の巻き返しにより敗れて拘束。


アニメで強調されているのは、魔法にかかわることによって不幸のどん底まで突き落とされる悲しい少女という姿。
与えられた希望がすべて偽物、自身の脚と両親(飲んだくれ親父についてはざまぁみさらせという感じで同情もしないが)を奪ったのが他でもないギースの所属するバベル旅団だった、
その事実を知ってからの乾ききった笑いはもはや絶望そのもの。くるみの「悲しくておかしくなっちゃった?」と言う台詞に見事あてはまるような、竹達彩奈の演技力の高さが見られる。

snapshot20190908222717.jpg

同時期放送していたブギーポップのマンティコアも、相棒失って同じように絶望の笑い(からの暴走が、向こうの作品ではあるけど)を披露するけど、同じようなキャラと展開で竹達は日常生活までひっぱって気が滅入らなかっただろうかw。

アニメ版では原作と違い一通りにくるみの拷問を受けるなどとことんまで突き落とされているものの、その後はメイド喫茶に雇われるシーンが原作よりも先に描かれて再起を図ろうというところが見受けられているだけに、是非2期をなにかしらやっていただき、そこでのちさとの活躍を拝めることを希望。ウクライナでもロシアでも原作では見せ場あるのだし、やろうというならばBLACK BELTまで徹底的にやらないと、この不幸っぷりが払しょくできまい・・・。

この記事へのコメント