メタルレビュー ブラッド・ステイン・チャイルド('19)

BLOOD STAIN CHILD 「AMATERAS」

3A2F8C94-B80B-4FFC-9166-E58718E6C3C0.jpeg


シンフォニック・メロディック・デス・メタルに始まり、現在はEDM / トランス・メタルをベースとし、女性ヴォーカルにV系歌唱w、ジブリ・トリビュートから果てはPCゲームにまで勢力を拡大し、世界有数のトップバンドとなった我が国が誇るBSCの最新盤。

初期から追いかけるファンならば、(BSCと名乗ってからの)2代目シンガーだったSadewの復帰が注目ポイントであろう。思い返すとBSCが世界へと挑戦をかけたのが彼が参戦した4th「MOZAIQ」、かの作品で現在まで続くトランス・メタルの基礎を築きあげたのだった。(ついでにw、現在も2ndギター務めるG.S.Rもそこからのバンド加入だった)

その効果もあってか、「MOZAIQ」の次に出ていてもおかしくないサウンドとなっている。厳しい批評家からすればw攻撃の手を緩めたようにも見えるかもしれないかな。これまで新作出すたびに様々な大変化を見せてくれていた分ここでは新しい要素というのはそこまで多くはなく、どちらかといえば回帰のほうへ舵をきっている。

本作品で聞けるSadewの歌唱はむろん「MOZAIQ」のそれ以上に多彩。
かの作品では初代シンガー(兼ベース)のRyo とパートを分け合っていたしクリーンのコーラスも(たぶん)Ryu が主にやっていたから、バンドとして初めて専任シンガー迎える事案だったからかイマイチ立ち位置が固定しなかった感があった(結局あの1枚で離脱したし)。
再録ベストにゲスト参加して、改めてバンド復帰してから聞かせるのは、しっかりした”歌”w。もともとPlastic Earthなるメロ・デス・バンドでSOILWORKタイプのデス/クリーン・ヴォイスの使い分けをしていて、BSCに迎えられた当初のクレジットはVocalではなくHumanoiseとなっており、完全にデス声専門扱いだったww。対する本作は、シャウトに限らずほぼすべてのクリーンパートも担当。シャウトもクリーンもほとんどBjorn "SPEED" Strid (SOILWORK)と瓜二つww。


リードトラック 「皇~sumeragi~」




日本語も(お経のように単語を入れただけだがw)途中織り交ぜた、和のテイスト溢れるMV。Sadewが渡○謙w風なのがあまり違和感ないww。


最後、本作の締めがドラゴンボールZ「CHA-LA HEAD CHA-LA」のカヴァーww。オリジナルよりスピードアップで、ヴォーカルは無理やり感あるwwデスヴォイス中心(クリーンなコーラスはたぶんRyuだろう)で、「IDOLATOR」でのTRUE BLUE (LUNA SEAカヴァー)を思い出した。

この記事へのコメント