キャラ振り返り「NANOHA Detonation」 ユーリ

キャラクター着目

物語のキーパーソンのこの子をDetonationのキャラ記事第一弾で取り上げる


ユーリ・エーベルヴァイン

画像


永遠結晶の中に眠っている”悪魔”と呼ばれる、イリスの復讐の相手。

その正体は、先(2nd A's)の事件で完全に失われた(オリジナルの)夜天の魔導書に付与されていた、安全運用のための支援システム。”エーベルヴァイン”という姓は生み出した科学者の名前から頂いており、管制人格(=リインフォース・アインス)からは”紫天の翼”と呼ばれていたことがウィークリームービーにて明らかになっている。

エルトリアの遺跡に転移していたところをイリスと出会い、誘いを受けて惑星再生委員会に加わる。


イリスのフォーミュラとの見せ合いっこwで意図せず見せた魔法が植物を生やす=生命を育むという、委員会の面々、特にイリスは強く求めていたものを見せる姿は、イリスの言うとおり”天使”とよぶにふさわしい。

画像




画像



委員会での惑星再生の取り組みを共に過ごすことで仲を深め、こんな表情のイリスとユーリの姿を見てしまうと、現在のこの状況と比べると何ともやるせない。



Reflectionでは目覚めてすぐにイリスに殴られ洗脳され、バトルでも休みなく徹底的に凹、委員会崩壊事件でもキレたイリスに殴られるわと、劇中ほとんどボコられ要員という役回り・・・。

画像



見ていて息苦しくもなる戦いで特に翻弄される悲しいキャラクターで、ゲームG.O.Dにおける望みもしない自身の力に振り回され暴走するラスボスという設定時とはある点で似ているようでやはり異なっている。

画像



NANOHAシリーズで一番兼ね役を演じるw阿澄佳奈による悲痛の叫びも心をえぐってくる。

この記事へのコメント