メタルレビュー ドリーム・シアター('19)

DREAM THEATER 「DISTANCE OVER TIME」

画像



プログレッシブ・メタルの帝王ドリーム・シアター(以下DT)による待望の新作。早い段階でYouTubeのオススメwにも表示されていて期待していた。

前作「THE ASTONISHING」がコンセプトに基づいた大作だったという反動か?、今作は比較的コンパクト、どんなに長くても10分を超える曲がない!(最長で9分ちょっと)ただし、どの楽曲もDTらしい全楽器の超絶技巧があちこちで炸裂。バンド加入からもう7,8年になるマイク・マンジーニ(Dr)による歌詞も初。

ちなみに今回は通常版で購入。マニアたちはインストヴァージョンのボーナスCD付き限定盤を入手するだろうが。金の節約はもちろんだがww、楽器隊の超絶テクニックだけじゃなくてジェイムズ・ラブリエのヴォーカルもあってこそのドリーム・シアターだと思ってるからね。

この記事へのコメント