アニメチェック「リリース・ザ・スパイス」最終回

前回は結局飲み会でw、
モウリョウから逃げたツキカゲ弟子チームの復活から生存確認された雪との合流までのチェックだけww


モウリョウによるゲッカコウでのソラサキ洗脳計画。そしてそれに立ち向かうツキカゲチーム。
弟子たちが大量に現れる機械兵に苦戦するも、生存していたカトリーナと白虎に青葉初芽、そして(やっぱりww、そして実はカトリーナとの密約で)ダブルスパイとして内通者の役を担っていた八千代命の助力で危機を切り抜ける。しかし、散布装置は補助機能で動き続け、それを守護する因縁の相手・"文鳥の女"天堂。立ち向かうは"モモち"こと源モモ。剣術・体術も力量が上で暗器まで使う強敵に、師匠の助言もあり辛くも勝利をおさめ、ギリギリで装置を破壊。ツキカゲのリベンジ成功!

モウリョウは一網打尽に拿捕され、ソラサキに平和が訪れる。
そしてモモに与えられる一大ミッション。半蔵門雪がツキカゲから退き、記憶を消すことを選び、その介錯人としてモモに役目を与える。実は商店街のおばちゃんwも、記憶を消された元ツキカゲだという事実。一晩、モモは大切な師匠の元で泣き、そして・・・役目を果たす。


9ヶ月の後、"マゴイチ"と呼ばれることになる弟子を取り、師匠としてツキカゲを担う"モモち"。
新たな編成(おそらく五恵の弟子となったであろうテレジアの姿もある)となったツキカゲは、今もまたソラサキの平和を守る為戦う!


うん、タカヒロにしてはw重苦しくなりすぎない、正統派なアクション作品だった!

この記事へのコメント