ロックCDレビュー ブラインドマン('18)

BLINDMAN 「REACH FOR THE SKY」

画像



国産正統派ハードロックバンド、新シンガーを迎えてスタジオ2枚目(ライブ盤入れると3枚目)となる通算10作目。


このバンドの声であり看板であった名シンガー・高谷学の脱退は俺もショックだった。インタビューを読む限りでも中村達也(Gt)はそれ以上に衝撃的で大変だったろうが、新たな強力シンガーを見つけ出して見事再生、前作「TO THE LIGHT」も良作だった。

しかし、正直白状して、はじめRayが迎えられたときは大丈夫か?と思ったものだった。
そりゃ高谷学のような熱唱シンガーなんてなかなか見つからないだろうから、違うタイプになっても仕方ないことは覚悟はしていたよ。
で、なぜ躊躇うかと言えば、過去に当ブログにて紹介したGALACTICA PHANTOM(速弾きギタリストの井之上剛率いるメタルバンド。ドラマーはかのYOUTHQUAKEにも在籍したSHUN)を聞いた時のあのシャウトスタイルから。山田MASAKI(E.Z.O~LOUDNESS他)をもっとラフにしたようなあの歌い方のイメージが強すぎて、どうなの?と思った。
結局は杞憂なわけだったけど。むろん高谷とは違うスタイルだ、しかし十分にメロディアスに歌える人じゃんと。さらに例えるならば佐々井康夫(元ARK STORM)をラフにしたもの、またはドゥギー・ホワイト(RAINBOW他)とか。
ライブ盤でも、「The Way To The Hill」(「BLINDMAN」のM1)のような疾走ナンバーもまた違ったカッコよさで歌い上げてくれてる。
あとはバラード系、「The Sun Will Shine」(「BLINDMAN」のラスト)や「Remember My Name」(「BEING HUMAN」収録)、「The Ocean」(「TURNING BACK」)とかがいい感じに歌えてもらえればもう文句も付けられないのだが。次のライブ音源は是非ともどれか一曲は聞かせてもらいたいな。


期待通りの正統派メロディアスハード。中村のギターも生生しさが増した感じ。そしてキーボードの味付け、俺が好きなのが「BLINDMAN」ALの時だからやはりキーボードの音が欲しい。そしてRayもますますバンドに馴染む。
カバー曲での歌い方が丁寧に歌うデーモン閣下(聖飢魔Ⅱ)っぽいけどww。しかし「Now Or Never」なんてメロディもテンションもハイレベルでRayのシャウトでなければ合わないとも思える疾走ナンバーなんか今作最高の必殺チューンだ!

この記事へのコメント