ギターCDレビュー LI-SA-X('18)

世界で最もホットなww、日本代表スーパー・JC・ギターヒロインww、LI-SA-Xによる全編オリジナル9曲入り(ボーナス含む)1st-ALが登場。


LI-SA-X 「WILL」

画像



中国の同世代ギター少女・YOYOをゲストに迎えたM1「Little Wings」からトバしているw。平井武士(元TRIX、声優グループのスフィアのバックも務めたフュージョン系ギタリスト)を彷彿させる楽しいパーティチューンに、アームを絶妙に震わせたり、お得意のシュレッドプレイが炸裂。やはり若干は危なっかしいところもあるけれど、テクニックの成長はもとよりメロディの弾き方・聞かせ方が上手くなったと感じた。

動画のコメントを見て気になったのがサウンドメイクの面だが、たしかにアイバニーズのギターの音は師匠でもあるポール・ギルバートを例に挙げても分かるように少々機械的になりがちで没個性に陥りやすい。彼女のサウンドもそうした危険が大きくはらんでいるが、逆を言えば次はそこにも力注げばまたグ~ンと成長できるだろう。
まだまだ若いw、これからが見せ所だ。

この記事へのコメント