アニメチェック「リリース・ザ・スパイス」第6話

内通者のもたらした情報からモウリョウに目をつけられた青葉初芽、そしてモウリョウの最高幹部・文鳥の女の副官であるテレジア・レイ。
この2人に、まさかの因縁が!

皆が通う高校に転校生として潜入するテレジア。そして再会を果たす初芽。

幼少期、海外で出会った2人。
恵まれた家庭で何不自由なく育った初芽。盗みなどを働き、しくじれば父親から暴行を受ける奴隷のような日々を過ごしているテレジア。初芽の荷物を盗もうとしたところから関係が始まり(初芽が盗まれたのではなくあげたと庇うのは明らかにジョジョ2部のリスペクトだなw)、鬱陶しがりつつも徐々に打ち解けて友達になっていく。しかし、2人して誘拐され、初芽だけは身代金を支払われて返されたと知り、モウリョウに買い取られたテレジアは絶望し、もはや友達ではなく憎しみだけ残った。初芽は初芽で、テレジアを助けられなかったことを後悔していた。
そんな因縁のある人物がやってきたことにモウリョウが裏で糸引いているとにらみ、ツキカゲは雪の指示でテレジアに注意しつつ行動する意向を決める。
そしていよいよツキカゲ内部も変化あり、雪が内通者の存在を疑い捜査に出る。

ツキカゲが本格的にテレジアの監視を開始し、それにすぐ気づくテレジアも初芽をおびき出す行動に打って出る。初芽1人を誘い出すつもりが、モモと五恵も同行で初芽のマンションに逆に誘われることに。部屋にはテレジアが初芽にあげた人形の片方。今でも友達でいようとする初芽にテレジアは感情を露わにし反発する、金で自分だけ助かりその友達を裏切って見捨てた、口だけで苦労を知った気でいる偽善者だと。見ていられなくなったモモがテレジアを人舐めしてw、しかしその心の奥で友達として仲直りしたいと指摘される。その場は決裂、敵対という形でテレジアは去っていく。
モウリョウが"散布"と呼ぶ行動を近々起こすよう。

初芽を中心としたツキカゲとテレジアとの戦いは、白虎やドルテとは比べ物にならないぐらいの激闘が期待できそう。


Cパートでは、前回囮としてシンジケートを潰されたエモのオッさんwが文鳥の女により始末される。そして、文鳥の女の正体がついに!

ところで、1転校生として演じるテレジアがかなりストブラの雪菜してるww。種さん、だいぶ調子が戻ったようでホントうれしいな。

この記事へのコメント