CDレビュー 水瀬いのり「TRUST IN ETERNITY」

画像



MV




重厚ないのりんのコーラスにストリングスが全編でからむロックナンバーのタイトル曲で、これまでの水瀬いのりの楽曲と比べてかなり色が異なる。
”祈りの詩”という歌詞からも、水瀬いのりの気合が伝わるww。なお、リードソロがないのでそこまで目立たないけどバックバンドのギターはDIMENSIONの増﨑孝司。
C/Wの「ピュアフレーム」(ベースが結構暴れているw元気チューン)や「茜色ノスタルジア」(ピアノとアコギによるしんみりミディアムナンバー)は、これまでの水瀬いのりらしい楽曲。



順調にリリースを続けるいのりん。
先のキンスパでの活躍もあるし、いよいよ水樹奈々の首を狙うかww。

今回の「TRUST IN ETERNITY」の楽曲もしかり、上のMVもしかり、CDジャケット写真しかりで、かなり水樹奈々を意識した感じがする。

(遊びアリ)

NANOHAも間もなく公開ということを見込むと、この後しばらくは水樹奈々が優勢のまま年末迎えそうだけどww、水瀬いのりによる下剋上も夢ではないww。現時点の奈々様には遠いかもだが、過去の-今のいのりんのキャリアぐらいのとき-と比べるととんとんだと思うが。
現時点では注目度は引き分けってところかしらww。フーカと、ここだとフェイトよりレヴィのほうがイメージ的に合うかww。

画像


画像

この記事へのコメント