アニメ視聴「はたらく細胞」第8話

前回のシリアスエピソードから一転の通常業務復帰。
花澤赤血球も新人、後輩の赤血球に恥ずかしくないよう、自分一人で身体を回れるように意気込む。花澤香奈、全編でシャウト!!ww

CO2を肺へ持ち運ぶ途中で細菌に襲われ、いつも通りのw白血球1146番に救われる。案内をしてやろうとするも、花澤かなーんwのファイヤーパワーwwに気圧され引き揚げる。しかし、目を離した途端にトラブルに突っ込む(工事中の穴=すり傷に落ちそうになる。ここで血小板ちゃんww)赤血球に安心出来ずww、陰から追ってフォローすることに。遠藤綾先輩もかなーんパワーwwに圧倒され、ここはひとりで送り出す。今回はヴィヴィストのヴィクターからw前野にオカンの役割が移管されたってかwww。

体循環・肺循環の説明を循環くん(石上静香)から受け、いざ難所・心臓へ!
前半終了のジングルもかなーんパワー発動ww。

心臓から肺に向かう途中、メモや帽子を落とすも陰からサポートする白血球に救われる(無論気づかれぬよう)。
肺に到着し、CO2の引き渡しからO2の引き取り。その間に、1話の肺炎球菌事件を思い出す。白血球や先輩に助けられていたが今回ばかりはと気合い入れて酸素配達へ向かう。(陰から白血球が見ているが気づいてはいない)めちゃ狭い毛細血管を通り、酸素の受け渡しを行い、見事に仕事、一人で循環を達成!!
それを見届けて一安心の白血球のもとにキラーTが合流。白血球が赤血球の努力を見届け、その苦労を分かち合い仲良く出来ればと語るが、それに一喝ブン殴るwwキラーT。自分たち、白血球やT細胞は免疫細胞で殺し屋、身体の脅威になるならば仲間の細胞も殺す、甘えなど不用と吐き捨て、その場を後にする。
細胞同士仲良く、要らないと吐きつつも周りの馴れ合いに気になるキラーT、うん素直じゃないww。


次回は胸腺細胞。つまりは赤血球・白血球に続く、櫻井ヘルパー司令も含むT細胞の過去話(インフルエンザ回で封印解かれたwwキラーTたちの新人=ナイーブ時代)

この記事へのコメント