アイテム 「魔法少女リリカルなのはVivid」第20巻(最終巻) +α

コンプエースでの連載開始から早8年!遂に終わりを迎え、感慨深く、そしてほんのり寂しいw。

画像


ミウラとの決着に続き、最愛のママ・高町なのはとの激闘を繰り広げる高町ヴィヴィオ。そしてU-15格闘技の世界に本格進出し、最強王者・エーデルガルトに挑戦するアインハルト・ストラトス。メイン2人の各々の戦いの決着、そしてその先の未来を胸に抱き、物語は一区切り。

この後に「ViVid Strike!」へとつながるわけだが、ナカジマジム設立後が描かれたエピローグの最終話ではそれに通じるだろう要素がチラホラ見られる。アインハルトが覇王流を受け継がせていきたいとか、それがヴィヴィストにてフーカという逸材へと想いも含めて受け継がれていくわけだ。


まぁ展開は妥当なところではあったけども、アインハルトから覇王クラウスの記憶が役割を終え消えてしまったということは軽い驚きであった。アインハルトもまた、覇王の子孫ハイディ・E・S・イングヴァルトから、ここから現在そして未来を生きていく”アインハルト・ストラトス”として新たに歩みを始めた。

この経緯を知った後にViVid Strike!を見直すと、また違う感じ方が出来る。

例えば、第2話ロードワークでのアインハルトとフーカのやり取り

画像


アインハルト「覇王流の師匠は、・・・今は遠いところに行ってしまわれました」



画像


フーカ「(・・・お亡くなりになられたということなんじゃろう・・・)」



最初にこのシーンを見た時はフーカのその心の声に対して、そうなんだけどちょっと違う、と思ってしまったけど、記憶の件を通すとあながち間違いではなくなった。


藤真拓哉先生によるリリカルなのはReflectionのサイドストーリーがコンプ最新刊で新たに連載始まり、そして遠くないうちに続編となるDetonationも公開されることだろう。まだまだリリカルなのははこれからみたいだ。Reflectionも早くお皿になって欲しいwww。










さてw、クリスマスはイブを一人寂しくww、当日は仕事ww。(23日は同級生と遊びに出かけたけど)

結局は動画であがってるクリスマスイベントをちょこちょこ見るぐらいwwww。

そして、なのは繋がりでw、ちょうど一年前の「ViVid X'mas」もまた恋しいこのごろwwww。



水瀬いのりと小倉唯が、ヴィヴィスト10話のフーカvsリンネ張りのバトル(ただし、殴り合いのほうじゃなくて口喧嘩のほうね)をかわいくw繰り広げる。・・・しかし、いのりんは微妙にやる気ねぇてテンションだよなw。(ここまでの戦いで4戦1勝3敗と負けてきたことも原因かなww)


(イメージ遊び/ヴィヴィスト以外もありw)


小倉唯 「おいおい、いのりん。今日は調子悪いんじゃない?」

画像



水瀬いのり 「おぉ~~?」

画像


(キャロすけ / キャロル@シンフォギアGX)


小倉唯 「ただね、

フーちゃん(いのりん)の広島弁、めっちゃカワイイんじゃこら~~~!!

・・・あってんのか、コレ?」

画像



水瀬いのり 「・・・ありがとう」

画像


(メテオラ@レクリエイターズ)


「唯ちゃん、あたしはまだ本気出してないだけだよ!」

画像



「それより、

肩スベスベかよ!!



画像


(いいんちょ藍澤渚@実は私は)



小倉唯 「肩出てるけど、

寒いんだよ!!



画像





いのりんのチョコンとしたツインテール、カワイくてずっと見てた!

・・・?」

画像


(ロリママww@政宗くんのリベンジ)


水瀬いのり 「・・・ありがとう」

画像


(チノすけ@ごちうさ)


「肩が寒いなら、

いつでも抱きしめるよ!!!



画像



「はい」マイク渡し

画像


(チノすけ、どやぁwww)


小倉唯

「完敗だぁぁあ~~~!!」

画像



勝者・いのりん!


「あ、勝っちゃった。いぇ~い」

画像


(すっとぼけいいんちょ)


以上、メリークリスマスwwww

この記事へのコメント