CDレビュー 筋肉少女帯 「Future!」

久々に筋少の会心の作品ww

画像



最近の作品がどうもアルバムとして味が薄く感じた。というよりも”うしおととら”(「混ぜるな危険」)があまりに凄過ぎたというのが正しいかも。
期待せずw入手したら、これは”仲直り”第1弾「新人」と並ぶ充実作!


雰囲気が「サーチライト」(「キラキラと輝くもの」収録)を彷彿させるM1「オーケントレイン」から、本城聡章の軽快なギターカッティングと橘高文彦のヘヴィメタルギターの対比が堪能できる。
筋少のコアメンバー4人に加え、バックメンバーも既におなじみの三柴理(Key, 元メンバー)と長谷川浩二(Dr, THE ALFEEなどのバックでも知られる売れっ子)が暴れている。
大槻ケンヂの歌詞も全編でヒネリが効きまくり。カラオケDAMとのコラボ「人から箱男」、ラブソングだけど相変わらず歪みまくっているww「サイコキラーズ・ラブ」、「抜け忍」(「新人」収録)のような「ハニートラップの恋」、「タチムカウ」(「最後の聖戦」収録)のver.2と副題がついているが全く異なる新しいナンバーの「T2」など。
大槻のヴォーカルも「エニグマ」あたりでは初期みたいなイカレたwwシャウトをかましたりと、歌も絶好調。
橘高文彦の美しいギターメロディが堪能できるインスト「奇術師」もぜひ注目。
カバー(過去曲の歌いなおし)も無しで、この出来は素晴らしい。

限定版には、「猫のテブクロ」完全再現ライブを収録したDVD付き。

この記事へのコメント