松任谷由美コンサート 感想

今年はなんともコンサート三昧だwww。

ダメもとでユーミンやスピッツのチケットを取ってみようとがんばってみれば、スピッツは残念ながらだったけど、まさかのユーミンを入手することが!

日本の音楽シーンから見ても言うに及ばず、俺への影響もw、松任谷由美(及び、荒井由美)は巨大な存在だ。
かつての記事で、一度はシャングリラを見たいと洩らした事もあった。今回はそんな大掛かりなものではない、しかし、十分に”ショー”と呼べる凝った舞台設定であった!

最新作「宇宙図書館」のセットが建てられた舞台で、そのタイトルナンバーからしんみりスタート。
あの歌声から、すでにユーミンの世界に誘われた。
MCの語りも、前半は台本どおりという感じで、単なるコンサートというよりも演劇やミュージカルに近いかもしれない。やはりユーミンのコンサートは(繰り返すけど)”ショー”であり、ユーミンは真の意味で”アーティスト”なのだ。

後半からはMCもお遊び入れたりし(本を読むのに老眼鏡使うとかw)、観客のほとんどがきっと聞きたかったであろうユーミン・スタンダードが多く披露。高音の歌唱が心配だと、以前のCDレビューでも述べたように、声はもうそんな高い音は出ない。御歳を考えれば無理も無いことだけど。「ひこうき雲」や「リフレインが叫んでる」(個人的に最も期待していた!!)なんかもキーはダウンしている、しかし名曲はやはりキー変えようと良い物はいい。(「リフレイン~」なんかはかなりハードにロックしていて、これはコレでかなりいいよ。)キーを変えずに演奏し、そして多くの観客が立ち上がった(正直言って、前の座席で立たれておもっきし邪魔だったけどww)「ルージュの伝言」、ルンバ調にアレンジされた「真夏の夜の夢」。アンコールでは、「守ってあげたい」や「カンナ8号線」、「DESTINY」が次々とメドレーで披露。
歌に関しては先述どおりだが、それよりも2時間強を衣装替えを頻繁に行いながら踊りも交えたり舞台を飛んだり跳ねたりしていたパフォーマンスを行う元気さには驚きだった。そして、欲張りなww大阪の観客による拍手に応える為に、なんと2度目のアンコールに!!
(そのアンコール後、終演のアナウンスの後もまだ拍手が鳴り止まなかった。すでに退出していたけど、もしかしたら3度目のアンコールもあったのかも?)
バンドも当然凄腕の集まり(完全にセッション畑の人で、一般的にはほぼ無名/俺が知らんだけかもだけどww)で、サックス、キーボード、ギターが4バース(4小節交代)、2バースの掛け合いなどもあり、楽器弾きとしても耳を引くところも。


というところで、感想はここまで。
いまだに現役で、幅広い世代に愛される松任谷由美。やはり別格の存在です。

この記事へのコメント