アニメ振り返り 「ViVid Strike!」 ミカヤ

ViVid Strike!

今回は、こちら


ミカヤ・シェベル

画像



剣術道場の師範と両立して、ナカジマジム顧問取締役を務める居合い抜きの達人。


なのはViVidより、ノーヴェのつてでチームナカジマ(特にアインハルト向け。ヴィヴィオたちのような一般的な格闘選手と同じような訓練では古流武術の覇王流を崩しかねない為)のスパーリング相手として初登場。ノーヴェのことを”ナカジマちゃん”と呼ぶほど仲が良い(2人で一緒にショッピングに行ったりも)。この2人が仲良くなったきっかけは何なのかははっきりしていないので、個人的に気になってる。
また、ノーヴェのほかにも、八神家とも付き合いがあるようで(はやてからはミカやんと呼ばれていて、エルスが仰天ww)、かなり顔が広い。こうした人間関係を掘り下げたところが描かれるときはくるだろうかw。

インターミドルのベテラン選手であり、なのはViVidにてヴィヴィオたちが初参戦する試合を含めて年齢的には残り2回残すのみといっていた。ということは、ヴィヴィストでの先のインターミドル(都市本戦にヴィヴィオが進出し、リンネを破った大会)を最後にしているはず。おそらく選手としては引退して、道場師範とジムの手伝いに専念するのだろう。


剣術の腕前は、選手内からはもちろんのこと、それ以外からも評価されるほどのハイレベル。
駆け出し時代のハリーは瞬殺K.Oされて泣かされww(再掲)、スパーリングで世話になったアインハルトも実戦なら20回しんでいると言わしめ、最強を誇るジークリンデさえも殺気にあてられれば持っている木刀が真剣に見えたり、などと底知れぬ実力を見せてくれる。
特に印象強いのは、なのはViVidの大会直前、修行の一環である廃車斬りだろう。真剣で廃車のバスを、しかも自分に向かってぶつけてもらい、それをバラバラに切り刻むのは、シリーズ通しても印象に残るシーンではないだろうか。それを目の当たりにしたシスター・ディードも戦慄している(まぁそもそも、ディードも剣を使うとはいえ、J.S事件ではノーヴェ・ウェンディのチームあるいはオットーと一緒で、しかも背後からの奇襲をメイン戦術としていたから//詳しくはなのはStrikerSを//、シグナムやシスター・シャッハにフェイトらと比べると1対1での腕前は知れているかもだけど)
なのはViVidではミウラの初戦の相手で、開始早々に必殺の居合い抜きでミウラのライフを危険域まで削ったが、ミウラの打たれ強さと抜剣により敗れる。
この人もヴィヴィオやミウラのように戦いに、特に強者との戦いに喜びを感じるバトルジャンキーなw気質も(特にミウラ戦、抜剣時の表情から感じ取れる)あるよう。勝ち負けに驕る事は無いが、敗北には少なからず根に持つ様子も見られる(ハリーに暇なのかといわれた際は負けて試合がない自分への当て付けかと、クレ○ンし○ちゃんのみ○○みたいにwwぐりぐり攻撃を笑顔でwかましているwww)


トップファイター組で変身シーンがあるのはww、唯一人この人だけ。

フーカとのスパーリングでも、光速の居合い抜きを衰え知らずで披露。

画像


そしてそれを見事に初見で防御しきるフーカの成長もうかがえるシーンであった。


今思い返すと、なのはViVidではミウラの実力を見せるための噛ませ役w、ヴィヴィストでもフーカの実力を測るためといった役回りという印象が強いかもしれない。で、ミカヤを打ち破ったミウラがヴィヴィストではリンネを相手にその役割を担いました、てかww。

この記事へのコメント