Fuki Commune 「Welcome!」、レビュー + イベント感想

ドラゴン・ガーディアンの名盤「ドラゴンヴァリウス」と「真実の石碑」にて超絶歌唱を見せ付けてくれた、現代ジャパニーズ・メタル屈指の女性シンガー、Fuki。
ドラガをはじめいわゆる同人界の音楽が主戦場だったが、LIGHT BRINGERでの活躍以降(残念ながらバンドが無期限休止中だが)、Sound Horizonなどにも参加し、歌唱力に見合う評価も得つつある。アニメ「怪盗ジョーカー」の主題歌を担当することで、そっち方面でも知られるようにもなっている。


そのFukiが率いるプロジェクト、Fuki Commune。
ライトブリンガー休止から、Fukiファンにとっては待望だったろう。楽曲の大半は、ライトブリンガーの盟友・Mao(Key)との共作。他には長谷川淳(Ba、ジェラルド他、ゲーム「BLAZBLUE」のサントラにも参加している売れっ子)、青山秀樹(Dr、神バンドでもおなじみ)、そして若井望やISAOといった凄腕ギタリストが参画。

画像



待っていたかいがある、ハイ・クオリティなロック・アルバムだ!某メタル誌でも90点と絶賛されているが、賛同せざるを得ない。主役たるFukiの超絶ハイトーンも炸裂し、無論それだけでない多彩な表情も見せてくれる。バックの凄腕ミュージシャンたちも楽曲を潰すことなく、所によりその技巧を見せ付けてくれる。最近'90年代J-ROCKを意識したようなものが多いが、この作品もそのひとつとしてあげられるだろう。お気に入りになったM5「僕が生きる世界」で聞けるキーボードのシャンシャンといった音が'90の中島みゆき(「浅い眠り」の頃)を彷彿とさせたり。しかし、単なる焼き直しじゃない出来だ。Maoの曲作りが上手いのだろう。そして、その楽曲とFukiとの相性が抜群なのだ。見事である!!


さて、その好評なアルバムを引っさげてのミニライブ。観客のほとんどはライトブリンガーの頃から(あるいはその前に同人関係で知ったクチのやつもか)の男子がほとんど、少数のなかには子供連れの人も(「怪盗ジョーカー」がきっかけか)。
14時、ステージにFukiが登場し、アルバムから3曲を熱唱。あまり音のバランスが良いといえなかった(高音はともかく、低音が聞き取りづらい)が、十分にあの超絶歌唱を堪能できた。とくにラストの「僕が生きる世界」は、ここでさらに好きになってしまった!サビのドラムパターンに、上述のキーボードの音と、この手の音とリズムが好きなのよ!


画像


サインは、裏ジャケットにしてもらいました。
しばらくこのアルバムを聴きまくることになるwww。

この記事へのコメント

名無し
2016年07月05日 20:03
子供連れていった者です。
うちは「怪盗ジョーカー」きっかけじゃないです(;^_^A
ただのFukiファンです。子供を洗脳中なだけです(^^;)
UTSUBOっくり
2016年07月06日 15:43
コメントありがとうございます。

洗脳中、そうでいらっしゃいましたかw。
しかし、Fukiならばお子さんにも安心して勧められますね。結構楽しんでたようにも伺えます。今はまだあまりわかっていなくとも、これからきっとFukiの良さがわかっていくことでしょう。

ぜひともFuki Communeで関西方面の公演をしてもらいたいですね。また今回みたいなイベントがあるならば、次は相方のMao君も同伴でやってきてもらいたいです。