CDレビュー  ポリフィア + li-sa-X

POLYPHIA 「RENAISSANCE」

画像



YGでも特集されていた、また新たなニューカマー。別に俺は、イケメンぞろいだから聞くとか、そんな浅はかなジャ○ーズファンと違うし、単純にテクニカルなものが聞けるということで食指を伸ばした。まぁ、確かにイケメンだよねww。一緒にインタビューが載ってる(もちろん、このバンドと一緒というわけでなく、単独でだが)li-sa-Xちゃんもまぁそりゃほれるやろしww。

で、音楽的にはジョー・サトリアーニのギターインストの延長上ではあるが、タイトルのイメージのように荘厳な雰囲気をまとうインストである。
確かに技巧もあるが、それを前面に押し出すことなく、そのところどころで上手に織り込み作用させている。ギターサウンドにしても完全につぶれたディストーションではなく、クリーントーンに程近い、ジャキっとした感じの適度な歪みを加えたサウンドで耳に優しい。音階使いも和の雰囲気をにおわせるところも多い。そういった箇所ではスティーブ・ルカサー(TOTO)のようなクリケット奏法や、超速いスライドを入れるなどの技巧を凝らしている。

一足乗り遅れたみたいだけど、どうやらかなり前からこのポリフィアは注目されていたのねww。
先ほどさりげなく名前を挙げたが、今YouTubeでプレイ動画が話題になっている日本の12歳(!!)の女の子ギタリスト、li-sa-X(りーさー えっくす)ちゃんも、ポール・ギルバートやガスリー・ゴーヴァンに続いてポリフィアをコピーしていると知ったことが今回のきっかけだ。
ライナーノートはないが、全曲のコード進行表が付録と、音楽的に本気なバンドだ。


最後に話がずれて、li-sa-Xちゃんについても述べておくww。
なんかYouTubeに凄いギター弾く女の子がいると聞いて、何回かこの子のプレイ動画を拝聴させてもらった。
当然そのプレイにぶっ飛ばされましたww。若干ばたついてると思われるところもあるけれど、ポール・ギルバートの超絶プレイをあそこまで引き倒す女の子なんて、注目されないわけないww。まず親は子供に何聞かせているのかww(どうやら親も楽器やるようで、弟君もやっているという、とんでもない音楽一家だ!)、こんな子が普通レーサーXやガスリー・ゴーヴァン、ニック・ジョンストンとか聞かんやろに。
まだ見ぬ凄腕を今後もきっとコピーして教えてくれるのだろう。まったく末恐ろしい子ww!

この記事へのコメント