ディメンションに会う 本編w

日が明けてしまったがw見てきました、DIMENSION。


わずか30分足らず、3曲程度のミニライブ(+サイン会)。今日は京都でライブするらしいが、さすがに仕事終わりでそこまで行けないww。まぁそれでも、TVでも見たあの演奏を聴けたし、満足はした。メンバーそれぞれの技巧も間近で堪能できたしね。しかし勝田一樹(Sax)と増崎孝司(G)のメインメロディのユニゾンプレイはホントすごい。小野塚晃(Key)もほとんどはバックに徹しているけど、ソロが回ると華麗な指捌きを披露してくれた。前にも述べたように楽曲はジャズ寄りだけど、増崎のパフォーマンスはかなりロックしている。足でリズムを取りながらプレイしていたことは、今後のギター勉強の参考にさせてもらおうw。

この記事へのコメント