ブラック・サバス 「ヘブン&ヘル」 (追悼:ロニー・ジェイムズ・ディオ)

先日亡くなった偉大なるロックシンガー、ロニー・ジェイムズ・ディオを讃え、言わずとしれたこの名盤を紹介します。現在絶賛聞きまくっています。


BLACK SABBATH 「HEAVEN AND HELL」

画像



オジー・オズボーン脱退(というか解雇)の後釜としてロニーが加入しての第1弾。'80年作。
当時、NWOBHM(マニアなら分かるね。前の記事にも書いたやつあるので説明はなし)が芽吹きだした頃で、サバスも時代に合わせたという意欲作にして、メタルの歴史にその名を残す名盤。かつては「ネオンの騎士」という邦題だったことはファンなら知っているだろう。

改めて聞き直したけど、やはりいい作品だ。かつてロニー+サバスをこの作品さえ否定してしまったのは、オジー時代のイメージに固執したあまりに、この変化が当時は受け入れられなかったからだ。「ネオンの騎士(Neon Knights)」なんて疾走曲がある(オジー時代の名曲「Paranoid」も疾走してるけどねw)し、キーボードが結構派手に舞ってるし、あまりにレインボーしてるしでw。だったら「バビロンの城門」聞いてるよと思ってしまったものだった。けど、サウンドはサバスのそれだし、カッティングで明るいかなと思いきやギーザーの這いずるようなベースでサバス以外の何者でもない世界の出来上がりとか。もちろんロニーの歌唱やメロディから中世指向のものを感じるけど。まぁ、それ故に、その合体がこの名盤を生み出したわけだわな。楽曲なら特にタイトルチューンの「ヘブン&ヘル(Heaven And Hell)」こそがその合体の最高の形だろう(この名義のバンドをしていたのも、多分アルバム単位と言うよりこの曲ではないかと思うのだが)。途中で雰囲気が変わる邪悪なサバスの世界にロニーのメロディが見事に融合した名曲だ。個人的には疾走しつつ中盤でメロウになる「ダイ・ヤング(Die Young)」も捨てがたい。


中世音楽、それを思わせるマントとか衣装とパフォーマンス、メロイック・サイン、そして「ヘヴィ・メタルの北島三郎」と言わしめるwww(今回調べてはじめて知ったわww)コブシをきかせた、演歌にも通じる、あの”炎のヴィブラート”唱法!世界中にも影響を受けたと思わせる者は大勢。ティム・リッパー・オーウェンズ(ジューダス・プリースト、アイスド・アース他)にニルス・パトリック・ヨハンソン(アストラル・ドアーズ他)、日本なら坂本英三(アンセム、アニメタル)他挙げても挙げてもきりがない。本当に惜しい人を失ってしまった。

Long Live Rock'n Roll!Rest In Peace!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック