KAJIYAMA&SHIMOYAMAに会う その2

大好評で終えただろうから続きをww。

トークから。この日もと~~っても蒸し暑く、札幌から出てきた下山君にはこたえると~。向こうとは別世界かぁ~、また北海道行きたいわぁww。飯はうどんを食ったとか、”キャプテン”和田氏に会ってきたなどいろいろな大阪での体験話とか、コンビ結成秘話を笑いも交え話してくれたww。そうそう、梶山さんがイカ焼きについて話してたけど、下山君マジでイカ焼きを知らなかったのか?イベント行った店を出た大通りに売ってるお店があったけど、時間がねぇww。また来たときにでも是非!さて、話も尽きないが、司会(所々梶山にいぢめられてたビクターの人w)からせかされて(「下山さんが歌いたがってるので~」とか何とか言って)、お待ちかねのアコースティックライブの開始!!

2人ともギターを持ち(なお、ピック弾きの梶山に対し、下山は指弾き)、演奏!曲は
1.THE MINSTREL SINGS
2.I REALIZE
3.THE FINAL JOURNEY
4.母へ
5.JEWELS
といったところ。特に「MOTHER」はやるだろうと予想はしていたが、まさか日本語版の「母へ」で演奏してくれるとは感無量!!アグレッシブに始まる1.から下山君は絶好調!!ついに生で初体験した下山武徳の超絶歌唱に感動!!スピーカーが近くにあったが、やかましいとは思えず、150人(満席ならば)の観客全員そのパワーヴォイスに聞き入った!ギターの腕もかなりのもの!ちなみにシャウトすると力が入って赤くなってたのが確認できたww!一方、梶山さんはバックに徹しながらも、ソロパートでは弾きまくり!!エレキでのおなじみフレーズも織り交ぜ、”’80年代速弾き競争に終止符を打った”テクニックの片鱗を見せてくれたww!フィンガリングもすごいけど、ピッキングの手首の動きが滑らかなんだよね。なにより、時々梶山のギター弾く姿がリッチーブラックモアに見えたwww!!梶山がリッチーなら、下山はジョーのように思えたw。
1曲ごと(1.と2.はほぼ続けてだが)にMCを入れてくれた。影響を受けたミュージシャンの話、昔弾いたフォークソングの話などで、なかなかマニアックなことも話してくれて観客は?だったろう。あと、最初に作ったデモでは「THE MINSTREL SINGS」「MOTHER」の他に「THE FINAL JOURNEY」も日本語版があったらしい。やっぱりタイトルは”最後の旅”とかwww(ちなみに前述の2曲はそれぞれ「詩人(うたびと)」「母へ」となっている)。話も歌もこのまま聴き続けたかったが、「まき」と業務連絡がww。

演奏後、早速2人がステージから降りてきて握手会!!そして、事前に書いてくれたサインを手渡してくれたww!「応援してます!」「次の日も東京でがんばってください!」と言って握手をしたww!!
で、そのサインがこちらww
画像

最高の1日だった!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック