レイジー

LAZYの名盤「宇宙船地球号」を購入w。
画像


レイジーといえば、アニメ好きならば影山ヒロノブの、ヘヴィメタ好きならラウドネスの高崎晃と樋口宗孝の、(ついでにランティスの代表で、プロデューサーである井上俊次の)昔在籍してたバンドとして知られるだろう。こっちも影山のバンドで知ったが、その後にあの世界に誇れるラウドネスの母体と知った。再結成したときのライブ映像も見たが、これといった感想はなかったなぁ。すごいメンツではある思ったけど。再結成後の「宇宙船地球号Ⅱ」もとりたててすごいとも思えなかった。俺自身、あのメンツからやはりラウドネス(80年代の)っぽさがほしかったこともあったのかもしれない。せいぜい気に入ったのは、少々求めてたようなヘヴィさを持つ「EARTH ARK」のリメイク版ぐらい。

で、今回手に入れたこの作品はと。
レイジー30周年間近ということで再販されたのをgetしたが、これがまさに求めていたものだった!「赤頭巾ちゃん御用心」とかアイドル活動させられてた奴らの、ヘヴィメタル宣言として'80年に出されたこれはヘヴィメタルそのもの!最初の頃のラウドネスよりも個人的にはずっと好きww。英語の発音が気にくわないが、若き日の影山の歌もええし、ラウドネスでほどの技巧をあまり見せないものの構築が光る高崎のギタープレイ(ついでに1曲歌ってるが、今と違ってむっちゃ声高く歌っとるw)、相変わらずパワフルな樋口のドラム、んで味付け程度に曲を盛り上げる井上のキーボード。ハードな本編9曲はもちろん、ボーナスのシングルナンバー3曲もポップだが悪くない。
”決してロック界の最重要バンドではない”、”実績を残したわけでもない”といわれるし、こっちもそう思うが、この「宇宙船地球号」は間違いなく日本のロック史に残る、最重要アルバムに間違いない。30周年に向けて、レイジーとして他にも何かしてくれるのかな、カナ・・残念ながら田中宏幸が亡くなって1人欠けてしまったけど、追悼も兼ねてコンサートとかあるのかねぇ・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック