UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS DVD 「ジグソウ:ソウ・レガシー」

<<   作成日時 : 2018/06/19 17:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JIGSAW

画像



円盤(日本版)になるのにずいぶん時間がかかった感じがするが、売り上げ見込みに不安があったかwww。
あとは吹き替えキャストの問題もあったか。これまでジグソウ=ジョンクレイマー(トビン・ベル)を担当していた石田太郎(アニメではルパンV世のカリオストロ伯爵やAKIRAの大佐あたりが有名)が亡くなられたことから後任がどうなるか気にはなっていたが、最終的に銀河万丈という納得の人選!冷静な(ダニエル・J・)ダービー@ジョジョ3部という感じwで、石田氏による吹き替えとほとんど違和感はない。
発売元もポニー・キャニオンに決まり、ようやく手元に入手し、ダメ出しができるようにwwww。


やはり見返して思うことは、なんともいえない竜頭蛇尾な展開だということwww。

(以下、ネタバレに注意)

たしかに始まり方はよかった。
一番初めに映るのは怪しげな装置か?と思わせて、実は逃走犯捕える用のトラップ(逃走車両をパンクさせる絨毯)で、捕り物劇から始まるところでまず惹きつけ、そしておなじみのX印と謎のリモコンが登場することで間違いなくあの”ソウ”だと印象付けられる。

そしてはじまるゲーム。参加者たちの救い無い外道っぷり。

重病患者のレントゲンを取り違えそのままごまかした元研修医。
心臓に病を抱える年配の女性から金目的でバッグを奪い、追いかけてきた持ち主が発作を起こしたのを放置して死に至らしめたひったくり女。
ブレーキの壊れた欠陥バイクを高値で売っぱらい、その相手を事故死させた青年。
ハイスクール時代に友人たちとのドライブにて後部座席で酔っぱらって大暴れ、大事故を起こして親友を死なせ(当人はその前に車から振り落とされて怪我はしたが生存)、その後も反省することなく不良債権など悪事を働いてきた中年男性。
夫との不仲と育児疲れによるノイローゼによって、寝相の悪い夫の横に赤ん坊を寝かせ、夫の寝返りで赤ん坊を窒息死させて夫に罪をなすりつけた(夫は拘置所にて自殺)母親。

何度投獄されても性懲りもなく薬物の売買を繰り返す売人に、その売人をはじめ犯罪者との間で密約を交わしワイロや無実の人間へのなすりつけを行ってきた悪徳警官。

ついでに参加者ではないが、ジグソウの装置を真似て製作してしまうほどのジグソウマニアの猟奇趣味な女検視官。

まともな人間がほとんどいないww。悪徳警官の相棒で実際は内務調査で近づいた別警官ぐらいじゃねw。結局は事件に振り回されただけだが。


と、そんな悪党の最期にふさわしい凄惨なゲームとその結果。
以前の感想でも述べたようにほとんどがシリーズの過去の焼き直しだが、参加者の欠陥バイク野郎・ミッチへのテストはこれまで(特にゲーム性を強めたV以降)と比較しても並べられる、今作で一番ジョンらしい仕掛け。

https://youtu.be/sNcVDVAZjfw

閲覧は、自己責任で!!


ゲームはまぁ楽しめたがwww、ゲームを仕掛けた人物=ジグソウの後継者を追うパートはほとんどまとまりがないし、最後のご対面なんかも伏線を詰め込んだ気でいるのかww、検視官ローガンの妻の死とかほぼ突然入り(最初の段階でちょい出しはあったけど)それが次作(あればw)のキーワードなのか、とどこが焦点かムチャクチャ。そういう点では6と並ぶぐらいエンディングはひどいw。始まりが良かっただけに余計にそう感じる。

そんな感じのがっかりも、ソウらしいっちゃらしいかwww。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DVD 「ジグソウ:ソウ・レガシー」 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる