UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS 鑑賞「魔法少女リリカルなのはReflection」感想

<<   作成日時 : 2017/07/23 11:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

鑑賞完了!

ファンにとっては期待通り、いや以上の迫力の魔法バトル!
まずはその割合が、全盛期メガデスのリードギターばりに(わかりにくい例えかw)半端じゃない!頭の日常編が終わった後はもうバトルにつぐバトル!1stに2nd A'sと比べてもはっきり量が多いといえる。
キリエとの交戦、ダークマテリアルズで親しまれている3人との交戦、とあちこち入り乱れて全編実況できない(そもそもそんなこと違反だけどね)。
特にマテリアルズ戦は、フェイトvsレヴィに大勢が胸熱となろう。「Invisible Heat」が流れるシーンでのあの人とのやりとりには涙なしではいられまいて!そしてバトル中でもやはりレヴィはムードメーカーだった。

今回の劇場版第3弾は前後編であり、この前半(コレでまだ半分とは驚きだ)は最終決戦残して、またおいしい引きとなっている。次回のDetonationまでまた焦らせてくれる!


ココでチョイCV陣を。
シンフォギアでやけにドス効かせた水樹奈々だが、それに対してレヴィはもちろん、フェイトもやけに明るくなっていて、初期と全く違う。ロザリオとバンパイアの萌香(もちろん表/封印状態の)のようになっている。
「Destiny's Prelude」も、CDで聴いたよりも本編を通すとまた違い、かなり熱く感じる。
そして重要な日笠陽子。レクリにシンフォギアと脳筋の印象が強くなったけどww、ここでは知能犯な雰囲気を見せる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鑑賞「魔法少女リリカルなのはReflection」感想 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる