UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS CDレビュー 田所あずさ 「DEAREST DROP」

<<   作成日時 : 2017/05/12 13:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

現在放送中、「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」(どうやら”すかすか”と略されてるのねww)、オープニングを飾るロックナンバー。
歌うは、涙の姿が印象に残るヒロインの妖精少女クトリを演じる田所あずさ。


画像



「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」のオレサマ魔王っ娘wwのフィノで”ころあず”こと田所あずさを知り、以降だと「極黒のブリュンヒルデ」の小鳥などで触れてきた。演技を聞いた印象としては、一昔前の井口裕香(「アイドルマスター XENOGLOSSIA」の頃とか)に近い、(ころあずと井口のファンには申し訳ないが)ヘタウマだという感想を抱いた。今演じているクトリにしてもまだまだそれが抜けきれていない。もちろん、それも個性っちゃ個性だし、クトリも先述のフィノや小鳥だって嫌いじゃないからね(フィノなんかは今でもころあずとイメージ結び付けられるほど印象強い)。

来年の声優振り返りwwで名前を取り上げられるほどのww成長や活躍を見せてくれるかは、まぁ楽しみにしておくwww。


小説の表紙を彷彿させる、剣を携えて涙を流しているクトリのカットから始まり、獣との激闘のシーンも描かれるOP映像にマッチした、ギターもギンギンにかまされる疾走チューン。中盤の一転してストリングとピアノによる静かな展開も作品に合う。
田所の歌唱も、ころあずらしいといえるような個性は未だ見えずとも、十分以上にパワフルで感情的なパフォーマンスである。声優・歌手の中でもランクは高いと思える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CDレビュー 田所あずさ 「DEAREST DROP」 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる