UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS CDレビュー ONI 「鬼ヶ島」

<<   作成日時 : 2017/04/24 12:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ONI 「IRONSHORE」

画像



海外のミュージシャンがバンド名や曲名に日本語を使うことももはや当たり前のようにも思える。いわずと知れたクイーンの「手をとりあって」、キング・クリムゾンの「待ってください」、ちょっと知名度低いがスコーピオンズの「神を信じる」(「FACE THE HEAT」収録)とか。バンド名でもBLOOD TSUNAMIなんてのもあるし(聴いたことは無いけど)、スクリーモ系(だったと思う)バンドでSADAHARUなんてのもww。

今回取り上げるONI(鬼)は、カナダのテクニカル・プログレ・デス。
昔ほどではないけど、テクニカル・デス・メタルと聞くと期待してしまう。それも、”デス・メタル・モンスター”クリプトプシーをはじめとしたテクニカル・メタル大国であるカナダならばなおさら。

このバンドを特徴付けるのは、なんといっても

ザイロシンセなるインストゥルメントの存在。





聞きなれないこの楽器は、なんと木琴のシンセサイザー!CDで聞いただけだと、普通のキーボード/シンセにしか聞こえないけど、この動画みて笑いがw。こんなんあるんですか。プレイヤーのジョニー・D John Deangelis のテクも凄い。

音楽的には、もはや流行のジェントを取り入れたデス・メタル。デス・ヴォイスとクリーン・ヴォイスの使い分けにしても(一部でコリィ・テイラー@スリップノットを匂わせたり)おなじみ。まぁ楽曲は悪くないけどね。やっぱりこのバンドはザイロシンセとギターのバトルといったとこが聞き所だろう。個人的にも、こういったあまりなじみ無い楽器、例えばチャップマン・スティックとかウォーギター(トレイ・ガン/元キング・クリムゾンが使用)とか、興味あるし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CDレビュー ONI 「鬼ヶ島」 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる