UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS CDレビュー Li-sa-X 「セレンディピティ」

<<   作成日時 : 2017/03/08 12:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この3月すぐに、T-UPのTVコマーシャル見てビックリwww。
朝っぱらから強烈なシュレッド・ギターの映像、しかも弾いているのが年端も行かない女の子。

以前、ポリフィアを取り上げた際にちょっと触れた、ネット動画にて全世界で話題のスーパー小学生女子ギタリスト、Li-sa-X(りーさー・えっくす)ちゃん。現在で小6の12歳!!

地上波TVでCMデビューを飾ると同時に、遂に待望のソロCDデビュー!!


「Serendipity」

画像



CDデビュー自体は、'80sメタルのコンピレーションのボーナストラック、ヨーロッパの名曲「ファイナル・カウントダウン」のカラオケでギターソロを弾きまくっている!ジョン・ノーラムのあのラン・フレーズをほぼ完コピで、たぶん彼女には簡単な部類のプレイだろう(何せポール・ギルバートやガスリー・ゴーヴァン、ジョン・ペトルーシといった超絶テクニシャンのプレイをコピーしてるような子だもんwww)。
正直なところ、動画を見たときの印象は、確かに上手いし太刀打ちできないけどwww、リズムはハシリ気味でかなり危なっかしい。CMは出演・演奏が数秒程度だし気にはならないけどね。
ライブイベントでも舞台に上がって師匠ポール・ギルバートと共演するなどで、最初に感じたその欠点がどこまで改善されているか。その成長をこのCDで感じれるだろうか(この文章までの時点では未聴)。

では、感想。
早速オリジナルのタイトルナンバーからポール・ギルバート譲りのシュレッドがかまされる!リズムに関しては、ちょいハシッているところも聞けるけど、ホンのわずかでそこまで気にならない。とりあえずは合格ラインである!(俺は何様やねんwww)
M2はもう得意分野の「Scarified」!動画よりもより正確に弾けている。というより、ゲスト参加の師匠ポール・ギルバートともはや区別がつきませんwww。
M3は「CHA-LA HEAD-CHA-LA」!ポリフィアをゲストに迎えて、ほぼ原曲どおり(2番から崩しているけど)。
M4はまた難解なww。ドリーム・シアターの「The Dance Of Eternity」!これもまた文句なしの完成度。変拍子もミスなしの完璧なコピーだ。むしろ彼女はストレートなスピードナンバーよりこういった複雑なプログレ・メタル系が弾きやすいのか。それはそれで怖いけどw。
M5は「Yankee Doodle」。民謡の「アルプス一万尺」。激しい技巧を披露していたから、始まりでは静かにメロディを爪弾いた、と思いきやww、バンドサウンドが入ってスピードアップ、海外カートゥーン(トムとジェリーみたいな)とかトッド・デューンのエレクトロキューション250を彷彿させる愉快なナンバーに仕上がっている。途中でドゥームメタルばりのすげぇヘヴィなリフをとどろかせて、かなり面白い。


以上、「Scarified」の動画が8歳のときだから4年も経ってるわけで、その分の成長を十分感じさせてくれます。
今後の活躍が期待大だ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CDレビュー Li-sa-X 「セレンディピティ」 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる