UTSUBOっくりの雑談

アクセスカウンタ

zoom RSS CDレビュー 喜多村英梨 「Revolution [re:i]」

<<   作成日時 : 2017/03/31 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

キタエリの最新CDは、メタルに特化したEP。

アニソンコーナーだけでなく、ディスクユニオンとかヘヴィメタル中心にセールスしている店にも置かれるなどして、キタエリア拡っ大〜〜wwww。

もともとアニメだけでなく、メタルにもかなりこだわっているオタエリwww。
とあるインタビューで、当時ハマッていたのがエヴァネッセンスといったヘヴィ・ロックのビッグネームに加え、ポーランドのUNSUNの名前が挙がったときには正直驚いた。コイツは他多数の流行を追いかけている物真似野郎ではない、筋金入りのメタルマニアだと。絶対俺と話が合うwwww。

(ちなみに、UNSUNとは元ディエズ・イラエ、そしてヴェイダーにて長年セカンドギターをつとめてきたマウザーが率いるバンド。麗しき美貌の-確かモデルもやってたような-女性シンガー・アヤをフィーチャーし、マウザーはじめ演奏陣がデス・メタルで名を馳せた猛者なのでそれなりにアグレッシブな演奏だが、基本的に大衆にも十分受けるキャッチーなメタルである。一応はゴシック・メタルと分類されるけど、そこまでコテコテではない。YouTubeに「Whispes」といったナンバーもあるので興味あればどうぞw)


さて、キタエリに戻りますw

画像


ピアノによるイントロからツーバスドコドコのシンフォニックなスピードメタルのタイトルチューン。腹に力のこもる低音の歌い出しが憧れの緒方恵美さまに近いかも。バックコーラスにはデスヴォイスまで!なんとこの曲、ペニシリンのHAKUEIによる楽曲!
以降、和のメロディもあったり、(おそらく当人もきっと影響受けているだろう)アマランスのようなダンスミュージック的デジタル・ビートも導入するなどしている。


これまでの2枚のアルバムにもメタル寄りのナンバーが1、2曲は収録されていた(1st「Re:story」のタイトル曲ではガルネリウスのSyuがギター参加!2ndでも現Far East DizainのLedaや藤岡幹夫 -共にBABYMETALにも関わっているツワモノ-が参戦していたり)。今回はマジなメタル!
ただ正直、キタエリの歌唱は悪くは無いんだけど、1stライブの映像を見たときの感想は、「Re:story」みたいなパワーメタルだと声量が弱くてバックバンドに負けているという不満があるんだよね。ヴォーカリストとしてメタルに適しているかというと、?(はてな)をつけざるを得ない。まぁ当人がメタル好きだから、やりたいようにすればいいし、このCDも楽しめる。同系統のガールズメタルの中でも、中の上以上は点数つけていいでしょw。

声優としても、なのはViVid〜ViVid Strike!のリオぐらいしか最近聞いてなかったけど、これからの新番組はちょこちょこ出演するみたいだし、こちらでもまたキタエリア拡大していってww

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CDレビュー 喜多村英梨 「Revolution [re:i]」 UTSUBOっくりの雑談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる